基本情報

写真a

杉浦 喜久弥

Sugiura Kikuya

スギウラ キクヤ


所属組織

獣医系

職名

教授

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/organization.html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 臨床獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 小動物の腫瘍疾患に対する免疫治療法の研究

  • 小動物の造血細胞の同定と血液系疾患の診断法の研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)生体外で末梢血単球から分化誘導した癌罹患動物(特にイヌ)の樹状細胞にサイトカイン遺伝子を導入して、動物体内にもどし、腫瘍の治療をおこなう免疫治療法の開発を行う。

    (キーワード) 樹状細胞,腫瘍免疫,免疫療法,サイトカイン,遺伝子導入

    (関連する産業分野)「92 学術研究機関」,「88 医療業」

  • (概要)小動物(特にイヌ)の造血幹細胞および前駆細胞の分離精製を行う。また、それらの細胞に対する単クローン抗体を作成し、白血病などの血液系腫瘍の診断に応用する。

    (キーワード) 造血幹細胞,モノクローナル抗体,白血病の診断,小動物

    (関連する産業分野)「92 学術研究機関」,「88 医療業」

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本実動物学会

  • 日本獣医学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 井上研究奨励賞(第10回),2005年06月,井上科学振興財団

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • イヌにおけるがん免疫治療

論文 【 表示 / 非表示

  • IFNγ markedly cooperates with intratumoral dendritic cell vaccine in dog tumor madels.,Cancer Res.,2010年09月,Mito K., Sugiura K., Ueda K., Hori T., Akazawa T., Yamate J., Nakagawa H., Hatoya S., Inaba M., Inoue N., Ikehara S., Inaba T.

  • A New strategy for organ allografts without using immunosuppressants and irradiation.,Proc. Natl. Acad. Sci.,1998年06月,Morita. H, Sugiura. K, Inaba. M, Jin. T, Ishikawa. J, Lian. Z, Adachi. Y, Sogo. S, Yamanishi. K, Taki. H, Adachi. M, Noumi. T, Kamiyama. Y, Good. R.A, Ikehara S.

  • Wheat germ agglutinin-positive cells in stem cell-enriched fraction of mouse bone marrow have potent natural suppressor activity.,Proc. Natl. Acad. Sci.,1988年07月,Sugiura. K, Inaba. M, Ogata. H, Yasumizu. R, Inab.a K, Good. R.A, Ikehara. S.

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 先端病態解析学特別講義A

  • 初年次ゼミナール【ノーベル賞の生物学】

  • 獣医内分泌代謝病学

  • 獣医内科学実習

  • 獣医臨床栄養学

全件表示 >>

 

特許 【 表示 / 非表示

  • 稲葉俊夫、西村俊哉、田中恵里奈、鳩谷晋吾、杉浦喜久弥,2015年06月19日,イヌiPS細胞の製造方法

  • 稲葉俊夫、西村俊哉、鳩谷晋吾、杉浦喜久弥、桑村充、山手丈至、井澤武史,2013年02月22日,イヌiPS細胞の作製法

  • 杉浦喜久弥、水戸凱、稲葉俊夫,2007年06月04日,2009年01月22日,腫瘍治療用組成物およびその応用

  • 杉浦喜久弥、ウィヅェワルダナ ウィスカム、藤本真理子、稲葉俊夫,2007年02月05日,2008年08月21日,哺乳類発現ベクター及びそれを含む組成物

  • 杉浦喜久弥、井上ひとみ、尾市朋子、稲葉俊夫,2006年03月15日,2007年09月27日,イヌ造血前駆細胞を認識するモノクローナル抗体の製造方法

全件表示 >>