基本情報

写真a

松坂 裕之

Matsuzaka Hiroyuki

マツザカ ヒロユキ


所属組織

分子系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~matuzaka/cluster/j-group.htm

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 理学系研究科・理学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 無機化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ビルディングアップアプローチによる多核金属構造の合理的構築手法の開拓

  • 異種金属間結合生成反応を活用した混合金属クラスターの創成と機能開拓

  • 遷移金属クラスター触媒を活用した新規合成反応の開拓

  • 金属-配位原子間多重結合を有する遷移金属クラスター錯体の創成と機能開拓

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

  • 有機合成化学協会

  • 近畿化学協会

  • 錯体化学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ベーシックマスター無機化学,オーム社,2010年10月,共著,猪俣智彦・小澤智宏・川崎晋司・黒田孝義・中沢浩・長嶋雲兵・長谷川美貴・船橋靖博・増田秀樹・松坂裕之

  • 有機金属化学,三共出版,2010年10月,共著,中沢浩・小坂田耕太郎・上野圭司・岡崎雅明・河野康朗・松坂裕之・水田勉

  • コンセプトで学ぶ有機化学,化学同人,2006年04月,共著,井上将彦、柳日馨、植村元一、佐藤正明、松坂裕之

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis and Reactivity of Coordinatively Unsaturated Dinuclear Ruthenium Bridging Imido Complexes,Organometallics,2011年,Takemoto, S.; Kobayashi, T.(学生); Ito T.(学生); Inui, A.(学生); Karitani, K.(学生); Katagiri, S.(学生); Masuhara, Y.(学生); Matsuzaka, H.

  • A Bimetallic Ru2Pt Complex Containing a Trigonal-Planar m3-Carbido Ligand: Formation, Structure, and Reactivity Relevant to the Fischer-Tropsch Process,Journal of the American Chemical Society,2009年,Takemoto, S.; Morita, H.(学生); Karitani, K.(学生); Fujiwara, H.; Matsuzaka, H.

  • Divalent Dirhodium Imido Complexes: Formation, Structure, and Alkyne Cycloaddition Reactivity,Journal of the American Chemical Society,2008年07月,Takemoto, S.; Otsuki, S.; Hashimoto, Y.; Kamikawa, K.; Matsuzaka, H.

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • サイエンスコミュニケーションIII(分子科学)【サイエンスコミュニケーションIII】

  • サイエンスコミュニケーションIII(分子科学)【サイエンスコミュニケーションIII(10月入学者用)】

  • サイエンスコミュニケーションII(分子科学)

  • サイエンスコミュニケーションI(分子科学)

  • 分子科学卒業研究

全件表示 >>