基本情報

写真a

山﨑 伸二

Yamasaki Shinji

ヤマサキ シンジ


所属組織

獣医系

職名

教授

上記以外の職名等

学長補佐

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/gakka_index.html

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野を表す研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • O157

  • 腸管出血性大腸菌

  • エッシェリキア アルバーティ

  • カンピロバクター

  • コレラ、ビブリオ

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • エッシェリキア アルバーティに関する研究

  • カンピロバクター及び関連細菌に関する研究

  • ビブリオ属細菌に関する研究

  • 天然物中の抗菌・抗病原活性を有する物質に関する研究

  • 消毒薬の評価及び消毒法に関する研究

全件表示 >>

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学,薬学研究科,応用薬学,博士前期,1984年04日 ~ 1986年03日,修了

出身学校・専攻等(大学院を除く) 【 表示 / 非表示

  • 神戸学院大学,薬学部,生物薬学科,大学,1908年04月 ~ 1084年03月,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,京都大学

  • 薬学修士,大阪大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 腸炎ビブリオシンポジウム

  • 日本細菌学会

  • 日米医学協力研究会コレラ及び腸管感染症研究部会

  • トキシンシンポジウム

  • 腸管出血性大腸菌感染症研究会

全件表示 >>

所属学会役職担当(査読・編集委員は除く) 【 表示 / 非表示

  • 日本カンピロバクター研究会,運営委員,2008年01月 ~ 継続中

  • 日本カンピロバクター研究会,会長,2014年01月 ~ 2019年12月

  • 日本カンピロバクター研究会,副会長,2020年01月 ~ 2022年12月

  • 日本小児消化管感染症研究会,世話人,2010年01月 ~ 継続中

  • 日本獣医学会,評議員,2004年01月 ~ 継続中

全件表示 >>

研究職歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学医学部助手,1989年10月16日 ~ 1995年12月31日

  • ドイツ国立動物ウイルス病研究センター フンボルト財団博士研究員,1991年10月24日 ~ 1994年10月23日

  • 国立国際医療研究センター 研究所 室長,1995年01月01日 ~ 2001年03月31日

  • アラバマ大学バーミンハム校微生物学・免疫学部門、ワクチン開発研究センター 客員研究員,1997年11月 ~ 1998年01月

  • 筑波大学基礎医学系助教授(併任),1998年04月01日 ~ 2001年03月31日

全件表示 >>

 

科研費 【 表示 / 非表示

  • PCR-RFLP法による簡便・迅速な腸管出血性大腸菌の分子疫学的解析法の開発研究,2008年度,基盤研究C・一般

論文 【 表示 / 非表示

  • Detection of plasmid mediated colistin resistance mcr-1 gene in ESBL producing Escherichia coli isolated from raw milk hard cheese in Egypt. ,Int. Dairy J.,2021年06月,R. A. Ombarak, S. P. Awasthi, N. Hatanaka, and S. Yamasaki*

  • Isolation and characterization of Escherichia albertii in poultry at the pre-harvest level,Zoonoses Public Health,2021年05月,A. Hinenoya, X.-P. Li, X. Zeng, O. Sahin, R. A. Moxley, C. M. Logue, B. Gillespie, S. Yamasaki*, and J. Lin*

  • Prevalence of mobile colistin resistance (mcr) genes in extended- spectrum β-lactamase-producing Escherichia coli isolated from retail raw foods in Nha Trang, Vietnam.,Int. J. Food Microbiol.,2021年05月,P. Q. Le, S. P. Awasthi, N. Hatanaka., A. Hinenoya., J. Hassan., R. A. Ombarak., A. Iguchi, N. T. T. Tran, K. V. T. Dao., M. Q. Vien, H. X. Le., H. T. Do, Y. Yamamoto and S. Yamasaki*

  • Prevalence, serotype and antimicrobial resistance of non-typhoidal Salmonella in vegetable, fruit and water samples in Ho Chi Minh City, Vietnam. ,Foodborne Pathog. Dis.,2021年05月,D.T.A. Nguyen, S.P. Awasthi, P.H. Hoang, P.D. Nguyen, N. Hatanaka, A. Hinenoya, C.V. Dang, S.M. Faruque and S. Yamasaki*

  • Salmonella Gallinarum in small-scale commercial layer flocks: Occurance molecular diversity and antibiogram. ,Vet. Sci.,2021年05月,A.K.M. Z. Haque, M.R. Aktur, SK. S. Islam, J. Alam, S.B. Neogi, S. Yamasaki and S.M. Lutful Kabir*

全件表示 >>

他研究活動(総説等)情報 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナウイルスからの警告,月刊卸薬業,2020年08月,山崎伸二

  • 下痢原性大腸菌,FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN,2020年07月,山崎伸二

  • 感染症法の概要と病原体の関係,バムサジャーナル,2020年04月,山崎伸二

  • 志賀毒素2を産生するEscherichia Albertini,食品機械装置,2020年01月,山崎伸二

  • マウスモデルを用いた薬剤耐性菌の発生機構,日本防菌防黴学会詩,2019年10月,山崎伸二

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 人獣共通感染症学

  • 先端獣医学研究法特別演習

  • 国際環境学特論

  • 国際食料流通演習

  • 学外特別実習

全件表示 >>

作成した授業用教科書情報 【 表示 / 非表示

  • 獣医微生物学 第4版,2018年07月,文英堂,山崎伸二

  • コアカリ獣医微生物学,2015年04月,文英堂,山崎伸二

  • 病原微生物学 基礎と臨床,2014年12月,東京化学同人,山崎伸二

  • ブラック微生物学 第3版(原著8版),2014年03月,丸善出版,山崎伸二

  • 獣医微生物学 第3版,2011年08月,文英堂,山崎伸二

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 医療・看護・リハビリ・獣医学

    分野2 : 健康・スポーツ・栄養

    タイトル : 感染症に対する備えはできていますか

    概要 : 感染症の原因となる病原体の特徴、具体的な国内外の事例を紹介し、感染症からいかに皆様の身を守るかについてお話しします。本講演が皆様へのワクチンとしてお役に立つことを願っています。

    キーワード : 新興感染症、人獣共通感染症、新型コロナウイルス感染症

  • 分野1 : 医療・看護・リハビリ・獣医学

    分野2 : 健康・スポーツ・栄養

    タイトル : 食中毒をいかに防ぐか

    概要 : 食中毒の原因となる病原体、具体的な事例を紹介し、いかに食中毒を防ぐかについてお話しします。本講義が皆様のワクチンとなることを願っています。

    キーワード : O157、カンピロバクター、サルモネラ、ノロウイルス

特許 【 表示 / 非表示

  • 山﨑伸二 アワスチ シャルダ プラサダ,2020年09月25日,II型細胞膨化致死毒素産生菌による汚染可能性を判定する方法

  • 山崎伸二、アワスチ シャルダ プラサダ、棚瀬潤一,2019年12月13日,食中毒菌の検出方法

  • 山崎伸二、日根野谷淳,2017年07月31日,選択分離培地

  • 西川喜代孝、高橋美帆、三井貴瑛、清水英子、山崎伸二,2014年01月28日,Stx2阻害4価ペプチド及びこのStx2阻害4価ペプチドを含む治療薬

  • 山崎伸二、日根野谷淳、森河内巌、山口 葵、櫻本行利、西田和正、朝倉昌博,2013年05月31日,消毒された肝臓の製造方法

全件表示 >>