基本情報

写真a

牧野 泰士

Makino Yasushi

マキノ ヤスシ


所属組織

分子系

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~makino/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 理学系研究科・理学部

  • 生命環境科学域

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体関連化学

  • 生物分子科学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 糖質代謝関連酵素の精製と性質評価

  • 糖鎖の高感度構造解析

  • 酵素の高感度活性測定法の開発

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) グリコーゲンホスホリラーゼ,グリコーゲン脱分枝酵素,ホスホリラーゼキナーゼ

  • (キーワード) 糖鎖,ピリジルアミノ化,蛍光標識

  • (キーワード) グリコーゲン分解,脳

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本糖質学会

  • 日本農芸化学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 動植物からの酵素の精製

  • 糖鎖の構造解析

  • 高感度な酵素活性測定法の開発

論文 【 表示 / 非表示

  • A New Interpretation of Sulfate Activation of Rabbit Muscle Glycogen Phosphorylase,Glycoconjugate Journal,2018年06月,Fujii, Y., Makino, Y.*, and Sato, M.

  • 糖鎖MS/MSフラグメンテーションにおける2-ピリジルアミノ化(PA)の影響,Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan,2017年12月,山垣 亮*, 牧野泰士

  • Fragmentation of Oligosaccharides from Sodium Adduct Molecules Depends on the Position of N-Acetyl Hexosamine Residue in Their Sequences in Mass Spectrometry,Mass Spectrometry (Tokyo),2017年09月,Yamagaki, T.* and Makino, Y.

  • Probing the Catalytic Site of Rabbit Muscle Glycogen Phosphorylase Using a Series of Specifically Modified Maltohexaose Derivatives,Glycoconjugate Journal,2017年08月,Nakamura, M., Makino, Y.*, Takagi, C., Yamagaki, T., and Sato, M.

  • Sensitive, Nonradioactive Assay of Phosphorylase Kinase through Measurement of Enhanced Phosphorylase Activity towards Fluorogenic Dextrin,The Journal of Biochemistry,2016年02月,Miyagawa, D., Makino, Y.*, and Sato, M.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 分子科学実験I

  • 分子科学実験II

  • 分子科学演習1

  • 分子科学演習2

  • 分子科学課題実習

全件表示 >>