基本情報

写真a

中谷 直樹

NAKATANI Naoki

ナカタニ ナオキ


所属組織

航空宇宙海洋系

職名

教授

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 船舶海洋工学

  • 生態・環境

  • 環境影響評価

  • 環境モデリング・保全修復技術

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • エクセルギーを用いた海洋生態系評価手法の構築

  • 分光スペクトル画像を用いた沿岸域海面の物質濃度分布計測

  • 海水の吸光・散乱スペクトルを用いた物質濃度計測

  • 海産バイオマスの利用手法に関する研究

  • 深海底熱水由来の化学合成生態系モデルの構築

全件表示 >>

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)海域環境評価手法に関する研究

    (キーワード) 環境アセスメント,機能評価,物質循環,エネルギーフロー,生物多様性

  • (概要)海域環境シミュレーション手法に関する研究

    (キーワード) 海域,環境予測,生態系,物質循環,多様性

  • (概要)海域環境モニタリング手法に関する研究

    (キーワード) 環境,モニタリング,画像計測,分光スペクトル,センサー

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本船舶海洋工学会

  • 土木学会

  • 国際生態系モデリング学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀論文賞,2005年05月,関西造船協会

  • JAMSTEC中西賞,2011年07月,日本海洋工学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 海域環境シミュレーション手法に関する研究

  • 海域環境モニタリング手法に関する研究

  • 海域環境評価手法に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Combined Mining and Pulp-Lifting of Ferromanganese Nodules and Rare-Earth Element-Rich Mud around Minamitorishima Island in the Western North Pacific: A Prefeasibility Study,Mineral 2021, 11, 310,2021年03月,T. Yamazaki, N. Nakatani, R. Arai, T. Sekimoto, H. Katayama

  • Optimal Transformation analysis for quantifying environmental fluctuations in fish population dynamics estimations,Marine Systems and Ocean Technology,2020年10月,Y.Qin, N. Nakatani, Y. Tsukahara

  • コバルトリッチクラスト資源価値の再評価,第28回海洋工学シンポジウム論文集,2020年09月,山崎哲生、中谷直樹、新井励

  • パルプリフトによるレアアース泥とマンガン団塊の複合開発計画,第28回海洋工学シンポジウム論文集,2020年09月,山崎哲生、中谷直樹、新井励

  • A support method for the determination process of mathematical models for environmental phenomena,Proc. of the 9th East Asian Workshop for Marine Environment and Energy,2019年10月,T. Hayashi, N. Nakatani.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 地域再生概論

  • 地域活動演習

  • 機械及び航空宇宙海洋工学概論I

  • 海の環境と利用の工学

  • 海洋システム工学プロジェクト演習I

全件表示 >>