基本情報

写真a

中谷 直樹

NAKATANI Naoki

ナカタニ ナオキ


所属組織

航空宇宙海洋系

職名

教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生態・環境

  • 船舶海洋工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • エクセルギーを用いた海洋生態系評価手法の構築

  • 分光スペクトル画像を用いた沿岸域海面の物質濃度分布計測

  • 海水の吸光・散乱スペクトルを用いた物質濃度計測

  • 海産バイオマスの利用手法に関する研究

  • 深海底熱水由来の化学合成生態系モデルの構築

全件表示 >>

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)海域環境評価手法に関する研究

    (キーワード) 環境アセスメント,機能評価,物質循環,エネルギーフロー,生物多様性

  • (概要)海域環境シミュレーション手法に関する研究

    (キーワード) 海域,環境予測,生態系,物質循環,多様性

  • (概要)海域環境モニタリング手法に関する研究

    (キーワード) 環境,モニタリング,画像計測,分光スペクトル,センサー

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本船舶海洋工学会

  • 土木学会

  • 国際生態系モデリング学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀論文賞,2005年05月,関西造船協会

  • JAMSTEC中西賞,2011年07月,日本海洋工学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 海域環境シミュレーション手法に関する研究

  • 海域環境モニタリング手法に関する研究

  • 海域環境評価手法に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Study on the formulation of fish population dynamics model using statistical data,Proceedings of 2018 OCEANS - MTS/IEEE Kobe Techno-Oceans (OTO) Conference & Exhibition,2018年05月,Y.Qin,N. Nakatani,I. Masuda

  • Development of the Method to Objectively Select Environmental Factors used for Optimal Transformations Method for Grasp the Population Dynamics of Fish in Coastal Area,Proceedings of the 8th EAWOMEN2 East Asian Workshop for Marine Environment and Energy,2017年10月,I. Masuda, N. Nakatani, Yuqiong Qin

  • Investigation of Sustainable Fishery of Anchovy using Exergy Analysis,Proceedings of the 8th EAWOMEN2 East Asian Workshop for Marine Environment and Energy,2017年10月,T. Yamazaki, F. Nishikawa, K. Otsuka, N. Nakatani, K. Kuroda

  • 環境応答特性を考慮した個体群動態モデルの構築手法,水産海洋研究,2017年08月,塚原 洋平, 宍戸 文香, 秦 宇瓊, 中谷 直樹

  • CFD Analysis of Performance of Hydrocyclone for SMS Ore Separation on Seafloor,Proceedings of 36th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering,2017年06月,Tetsuo Yamazaki,Yosuke Takeda, Rei Arai, Naoki Nakatani

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • プログラミング入門

  • プログラミング入門

  • 機械及び航空宇宙海洋工学概論I

  • 機械及び航空宇宙海洋工学概論II

  • 海の環境と利用の工学

全件表示 >>