基本情報

写真a

谷 浩行

Tani Hiroyuki

タニ ヒロユキ


所属組織

獣医系

職名

准教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 基礎獣医学・病態獣医学・応用獣医学・臨床獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大腸菌表層ディスプレイ法を用いた特異的ニワトリ型抗体の作出

  • 小動物の内分泌疾患の高感度簡易診断法および治療法の開発

  • 小動物の循環器疾患の高感度診断法の開発

  • 犬の炎症性腸疾患の病態解明

  • 細菌外膜小胞のワクチン応用に関する研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会

  • 日本野生動物医学会

  • 動物臨床医学会

  • 日本小動物獣医学会

  • 日本獣医公衆衛生学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第126回日本獣医学会大会長賞,1998年08月,日本獣医学会

  • 大阪府立大学学長顕彰,1999年06月,大阪府立大学

  • 大阪府獣医師会会長賞,2009年05月,大阪府獣医師会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 大腸菌表層ディスプレイ法を用いた特異的ニワトリ型抗体の作出

  • 小動物の内分泌疾患の高感度簡易診断法および治療法の開発

  • 小動物の循環器疾患の高感度診断法の開発

  • 犬の炎症性腸疾患の病態解明

  • 細菌外膜小胞のワクチン応用に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Correlation between toll-like receptor 4 and nucleotide-binding oligomerization domain 2 (NOD2) and pathological severity in dogs with chronic gastrointestinal diseases.,Vet Immunol Immunopathol,2019年04月,Aono K, Azuma YT, Nabetani T, Hatoya S, Furuya M, Miki M, Hirota K, Fujimoto Y, Nishiyama K, Ogata Y, Mochizuki T, Tani H.

  • Prevalence of microorganisms associated with feline gingivostomatitis.,J Feline Med Surg,2019年02月,Nakanishi H, Furuya M, Soma T, Hayashiuchi Y, Yoshiuchi R, Matsubayashi M, Tani H, Sasai K.

  • Outcome of limb fracture repair in rabbits: 139 cases (2007-2015).,J Am Vet Med Assoc,2018年02月,Sasai H, Fujita D, Seto E, Denda Y, Imai Y, Okamoto K, Okamura K, Furuya M, Tani H, Sasai K.

  • EBSTEIN ANOMALY IN THE TSUSHIMA LEOPARD CAT (PRIONAILURUS BENGALENSIS EUPTILURUS).,J Zoo Wildl Med,2017年06月,Shimamura S, Shiota Y, Takagi N, Habara T, Hirata S, Komai H, Nishimura S, Tani H, Shimada T

  • Report of fatal mixed infection with Cryptosporidium parvum and Giardia intestinalis in neonatal calves.,Acta Parasitol,2017年03月,Matsuura Y, Matsubayashi M, Nukata S, Shibahara T, Ayukawa O, Kondo Y, Matsuo T, Uni S, Furuya M, Tani H, Tsuji N, Sasai K

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 初年次ゼミナール【「動物を飼育すること」について考えよう】

  • 獣医伝染病学各論A

  • 獣医内科学実習

  • 獣医内科学総論

  • 獣医内科学B

全件表示 >>