基本情報

写真a

谷 浩行

Tani Hiroyuki

タニ ヒロユキ


所属組織

獣医系

職名

准教授

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 基礎獣医学・病態獣医学・応用獣医学・臨床獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大腸菌表層ディスプレイ法を用いた特異的ニワトリ型抗体の作出

  • 小動物の内分泌疾患の高感度簡易診断法および治療法の開発

  • 小動物の循環器疾患の高感度診断法の開発

  • 犬の炎症性腸疾患の病態解明

  • 細菌外膜小胞のワクチン応用に関する研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会

  • 日本野生動物医学会

  • 動物臨床医学会

  • 日本小動物獣医学会

  • 日本獣医公衆衛生学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第126回日本獣医学会大会長賞,1998年08月,日本獣医学会

  • 大阪府立大学学長顕彰,1999年06月,大阪府立大学

  • 大阪府獣医師会会長賞,2009年05月,大阪府獣医師会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 大腸菌表層ディスプレイ法を用いた特異的ニワトリ型抗体の作出

  • 小動物の内分泌疾患の高感度簡易診断法および治療法の開発

  • 小動物の循環器疾患の高感度診断法の開発

  • 犬の炎症性腸疾患の病態解明

  • 細菌外膜小胞のワクチン応用に関する研究

著書 【 表示 / 非表示

  • 犬と猫の耳鼻咽喉疾患,株式会社緑書房,2020年05月,共著,谷 浩行、他8名

  • 細胞表層工学の進展,株式会社シーエムシー出版,2020年04月,共著,谷 浩行、他33名

  • 小動物の臨床栄養学 第5版,株式会社インターズー,2014年03月,共著,谷 浩行、他35名

  • 獣医内科学全書 犬と猫の疾患 第6版,NEW LLL PUBLISHER,2010年06月,共著,谷 浩行、他14名

論文 【 表示 / 非表示

  • Systemic Anaplastic Large T-Cell Lymphoma with Initial Presentation of Dysuria in a Dog.,J Comp Pathol,2021年11月,Kaneguchi A, Izawa T, Tanaka M, Suzuki H, Tani H, Kuwamura M, Yamate J.

  • Retrospective evaluation of nimustine use in the treatment of feline lymphoma.,Vet Med Sci,2021年10月,Sakai K, Hatoya S, Furuya M, Nabetani T, Kanegi R, Shimamura S, Tani H, Shimada T.

  • HSP110 expression in canine mammary gland tumor and its correlation with histopathological classification and grade.,Vet Immunol Immunopathol,2021年02月,Satoru Okada, Masaru Furuya, Ayano Fukui-Kaneshige, Hitoshi Nakanishi, Hiroyuki Tani, Kazumi Sasai

  • Whole-genome analyses of extended-spectrum or AmpC β-lactamase-producing Escherichia coli isolates from companion dogs in Japan.,PLoS One,2021年02月,Mayo Yasugi, Shingo Hatoya, Daisuke Motooka, Yuki Matsumoto, Shunsuke Shimamura, Hiroyuki Tani, Masaru Furuya, Keiichiro Mie, Masami Miyake, Shota Nakamura, Terumasa Shimada

  • Decreased serum zinc concentration in dogs with lymphocytic-plasmacytic enteritis, and its associations with disease severity and prognosis.,J Vet Med Sci,2020年06月,Kosei Sakai, Shingo Hatoya, Masaru Furuya, Shunsuke Shimamura, Tomoyo Nabetani, Hiroyuki Tani, Terumasa Shimada

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 獣医伝染病学各論A

  • 獣医内科学実習

  • 獣医内科学総論

  • 獣医内科学B

  • 獣医内科臨床

全件表示 >>