基本情報

写真a

川手 憲俊

Kawate Noritoshi

カワテ ノリトシ


所属組織

獣医系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/reprod/

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床獣医学

  • 獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 精巣・代謝ホルモンと精子結合蛋白質解析による和牛の精液不良の原因解明と改善法開発

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)精巣・代謝ホルモンと精子結合蛋白質解析による和牛の精液不良の原因解明と改善法開発

    (キーワード) INSL3,精巣,精巣上体,テストステロン

    (関連する産業分野)畜産,動物バイオ産業,獣医学関連

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),大阪府立大学

受賞 【 表示 / 非表示

  • 近畿地区奨励賞(共同研究者の木伏雅彦氏が発表した演題) ,2019年09月,日本獣医産業動物学会(近畿)

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 精巣・代謝ホルモンと精子結合蛋白質解析による和牛の精液不良の原因解明と改善法開発

科研費 【 表示 / 非表示

  • 雌ウシのINSL3分泌動態および生殖器・生殖細胞における受容体発現と役割の解明,2021年度,科研費基盤研究C

論文 【 表示 / 非表示

  • Inhibitory effects of long-term repeated treatments of a sustainable GnRH antagonist, degarelix acetate, on caprine testicular functions,Journal of Reproduction and Development,2020年12月,Kawate N, Kanuki R, Hannan MA, Weerakoon WWPN.

  • Serum concentrations and testicular expressions of insulin-like peptide 3 and Anti-Müllerian hormone in normal and cryptorchid male horses.,Theriogenology,2020年09月,Tsogtgerel M, Komyo N, Murase H, Hannan MA, Watanabe K, Ohtaki T, Tsumagari S, Kawate N, Nambo Y.

  • Plasma estradiol-17β, cortisol, and insulin concentrations and serum biochemical parameters surrounding puberty in Japanese Black beef bulls with normal and abnormal semen.,Theriogenology,2020年05月,Weerakoon WWPN, Sakase M, Kohama N, Kawate N.

  • Feline embryo development in commercially available human media supplemented with fetal bovine serum.,J Vet Med Sci,2019年04月,Alam ME, Iwata J, Fujiki K, Tsujimoto Y, Kanegi R, Kawate N, Tamada H, Inaba T, Sugiura K, Hatoya S

  • Production of Japanese Black calves by the transfer of embryos developed from in vitro-fertilized oocytes derived by ovum pick up and matured in culture with the mitogen-activated protein kinase kinase inhibitor U0126.,J Vet Med Sci,2019年03月,Sakagami N, Konda K, Hashimura S, Kawate N, Inaba T, Tamada H.

全件表示 >>

学術雑誌編集・査読委員の経験情報 【 表示 / 非表示

  • 編集委員,Journal of Veterinary Medical Science,2018年11月 ~ 継続中

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 先端病態解析学特別講義C

  • 大動物臨床A

  • 大動物臨床A

  • 大動物臨床A

  • 大動物臨床A

全件表示 >>