基本情報

写真a

楳田 努

Umeda Tsutomu

ウメダ ツトム


所属組織

機械系

職名

准教授

ホームページ

http://www.me.osakafu-u.ac.jp/MechanicsOfMaterials/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 材料力学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薄肉構造部材の動的座屈挙動に関する研究

  • 金属ガラスの高速破壊現象に関する研究

  • 長柱の動的座屈挙動に関する研究

  • 高精度な高速引張試験法の確立を目的とした試験装置・試験片の研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)自動車等の輸送機械の衝突による被害を軽減するため,種々のエネルギー吸収部材が研究されてきた.実際の部材には薄肉多角管が用いられる場合が多いが,その基本的な圧潰挙動およびエネルギー吸収能等の特性には不明な点が残されており,一般的なエネルギー吸収部材の設計指針を与えることを目的として研究している.キーワードは

    (キーワード) エネルギー吸収能,薄肉構造,ひずみ速度依存性,衝撃構造試験,動的有限要素法

  • (概要)輸送機械の衝突問題では,材料のひずみ速度依存性を考慮して材料強度を正しく評価する必要があり,それを高速材料試験により正しく把握することも重要となる.とくに引張強さ等の重要な指標を得るには高速引張試験が重要だが,過渡振動の影響を受けやすいため,高精度な実験を実現する試験装置と試験片の検討を継続して行っている.キーワードは

    (キーワード) 高速引張試験,試験片形状・寸法,測定精度,一次元弾性波伝ぱ理論,動的有限要素法

  • (概要)工業製品の基本構成要素である長柱部材が,衝撃負荷により座屈する挙動を詳らかにし,その発生条件の解明やモデル化を行う.キーワードは

    (キーワード) 動的座屈,長柱,座屈モード,応力波,ひずみ速度依存性

  • (概要)バルク状に作製可能なアモルファス金属である金属ガラスは,高強度,大きな弾性ひずみ,平滑性等,多方面で有用な特徴を有するが,衝撃負荷時の挙動や特性はまだ不明な点が多い.本テーマでは,とくに航空宇宙分野での使用を念頭に,その高速破壊現象を研究する(現時点では数値解析が中心).キーワードは

    (キーワード) 金属ガラス,高速変形機構,せん断帯,引張・圧縮の非対称性,モール・クーロン降伏条件

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 日本非破壊検査協会

  • 日本実験力学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会関西支部賞(研究賞),2004年03月,日本機械学会関西支部

  • 日本材料学会論文賞,2011年05月,日本材料学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 最新 ポリウレタンの設計・改質と高機能化 技術全集,技術情報協会,2007年03月,共著,楳田努,三村耕司(分担執筆)

論文 【 表示 / 非表示

  • Study of Energy Absorption Efficiency for a Few Thin-Walled Tubes in Axial Crushing,Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering,2010年07月,Umeda T,Mimura K, Morisaka T

  • 薄鋼板中空部材の動的曲げ座屈解析に及ぼす材料構成式の影響,材料,2010年07月,小嶋啓達,三村耕司,楳田努,中澤嘉明

  • 軟鋼板の高速引張試験における流動応力と転位組織に及ぼすひずみ時効の影響,実験力学,2010年06月,小嶋啓達,三村耕司,楳田努

  • 非共軸ホプキンソン棒法の測定精度に及ぼす試験片の拘束条件,寸法の影響とその改善,非破壊検査,2009年02月,楳田努,三村耕司

  • Study of Accurate High-Speed Tension Testing Method,International Journal of Modern Physics B,2008年12月,Umeda T, Mimura K

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 材料力学C

  • 機械工学実験I

  • 機械工学実験II

  • 機械工学総合演習I

  • 機械工学総合演習II

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 機械・海洋・船舶・航空・宇宙

    タイトル : 材料の衝撃強度とその評価方法

    概要 : 衝撃負荷を受ける材料に生じる現象と,構造部材とする際に必要とされる強度の理論的な考え方について講義する.また,衝撃強度を評価する実験技術であるHopkinson棒法の考え方(一次元弾性波伝ぱ理論)について概説し,計測されるデータと処理過程を示しながら,材料の速度依存性について工業的な視点も交えて説明する.

    キーワード : 衝撃強度,Hopkinson棒法,一次元弾性波伝ぱ理論,ひずみ速度依存性