基本情報

写真a

松岡 雅也

Matsuoka Masaya

マツオカ マサヤ


所属組織

物質化学系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka3/index.html

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野を表す研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 触媒・光触媒

  • MOF/PCP

  • 吸着剤

  • DFT/MD計算

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • MOF/PCP材料の触媒・吸着材料としての応用展開

  • 有機・無機ハイブリッド材料の触媒・光触媒への応用

  • 各種分光法(XAFS・発光・TPR)による触媒のキャラクタリゼーション

技術相談・技術指導可能項目情報 【 表示 / 非表示

  • MOF/PCP材料の触媒・吸着材料としての応用展開

  • 有機・無機ハイブリッド材料の触媒・光触媒への応用

  • 各種分光法(XAFS・発光・TPR)による触媒のキャラクタリゼーション

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)各種分光法による触媒のキャラクタリゼーション

    (キーワード) 分光法,触媒,キャラクタリゼーション

    (関連する産業分野)20.化学工業

  • (概要)有機・無機ハイブリッド材料の触媒・光触媒への応用

    (キーワード) 触媒,有機・無機ハイブリッド材料

    (関連する産業分野)20.化学工業

  • (概要)可視光応答型酸化チタン光触媒の調製とその応用展開

    (キーワード) 光触媒,酸化チタン,薄膜

    (関連する産業分野)20.化学工業

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学,工学研究科,応用化学分野,博士前期,1992年04日 ~ 1994年03日,修了

  • 大阪府立大学,工学研究科,博士後期,1994年04日 ~ 1997年03日,修了

出身学校・専攻等(大学院を除く) 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学,工学部,大学, ~ 1992年03月,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 触媒学会

  • 光化学協会

  • 近畿化学協会

  • アメリカ化学会

所属学会役職担当(査読・編集委員は除く) 【 表示 / 非表示

  • 近畿化学協会,触媒・表面部会幹事,2008年04月 ~ 継続中

  • 触媒学会,代議員,2008年04月 ~ 2013年03月

  • 触媒学会,西日本支部幹事,2008年04月 ~ 2013年03月

  • 触媒学会,西日本支部教育委員,2008年04月 ~ 2010年03月

  • SPring-8,グリーンエネルギー研究会幹事,2009年04月 ~ 2013年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 国際触媒学会若手研究者賞,2004年07月,国際触媒学会

  • IUMRS-ICA-2006触媒および多孔性物質シンポジウム最優秀論文賞,2006年10月,IUMRS-ICA

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • MOF/PCP材料の触媒・吸着材料としての応用展開

  • 有機・無機ハイブリッド材料の触媒・光触媒への応用

  • 各種分光法による触媒のキャラクタリゼーション

競争的資金 【 表示 / 非表示

  • 無機多孔体中に構築したPCPのガス吸着能および触媒特性の検討,2017年度,戦略的創造研究推進事業 ACCEL

  • 無機多孔体中に構築したPCPのガス吸着能および触媒特性の検討,2016年度,戦略的創造研究推進事業(ACCEL)

  • 無機多孔体中に構築したPCPのガス吸着能および触媒特性の検討,2015年度,戦略的創造研究推進事業(ACCEL)

  • 無機多孔体中に構築したPCPのガス吸着能および触媒特性の検討,2014年度,戦略的創造研究推進事業 ACCEL

著書 【 表示 / 非表示

  • Nanostructured Photocatalysts,Springer International Publishing,2016年05月,共著,M. Matsuoka et al.

  • Photocatalysis and Water Purification: From Fundamentals to Recent Applications,Wiley-VCH,2013年03月,共著,M. Matsuoka, T. Toyao, Y. Horiuchi, M. Takeuchi, M. Anpo

  • Characterization of Solid Materials and Heterogeneous Catalysts: From Structure to Surface Reactivity,Wiley-VCH,2012年04月,共著,M. Matsuoka, M. Saito, M. Anpo

  • 触媒調製ハンドブック,NTS,2011年06月,共著,松岡雅也

  • Environmentally Harmonious Chemistry for the 21st Century,Nova Science Publishers, Inc.,2010年06月,共著,M. Matsuoka, M. Anpo

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Defects on CoS2−x: Tuning Redox Reactions for Sustainable Degradation of Organic Pollutants,Angew. Chem., Int. Ed.,,2021年01月,J. Ji, Q. Yan, P. Yin, S. Mine, M. Matsuoka, M. Xing

  • Non‐oxidative Coupling of Methane: N‐type Doping of Niobium Single Atoms in TiO2–SiO2 Induces Electron Localization,Angew. Chem., Int. Ed.,,2021年01月,Z. Chen, S. Wu, J. Ma, S. Mine, T. Toyao, M. Matsuoka, L. Wang, J.l. Zhang

  • Crafting carbon sphere-titania core–shell interfacial structure to achieve enhanced visible light photocatalysis,Appl. Surf. Sci.,2020年10月,H. Wu, X. L. Wu, S. Mine, M. Matsuoka, Y.H. Chu, Z.M. Wang

  • Designing 3D‐MoS2 Sponge as Excellent Cocatalysts in Advanced Oxidation Processes for Pollutant Control,Angew. Chem., Int. Ed.,,2020年10月,L. Zhu, J. Ji, J. Liu, S. Mine, M. Matsuoka, J.l. Zhang, M. Xing

  • Carbon‑coated mesoporous silica incorporating organoruthenium complexes and its application to hydrosilylation of 1‑hexyne,Research on Chemical Intermediates,2020年09月,D. Do, T. Hosokawa, Y. Horiuchi, M. Matsuoka

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 反応物理化学特別講義

  • 反応物理化学特論

  • 応用化学特論III

  • 触媒化学

  • 量子化学A

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,公益社団法人 新化学技術推進協会 グリーン・サスティナブルケミストリーネットワーク会議 ,公益社団法人 新化学技術推進協会「第10回STGA選考委員」

  • 2020年度,堺市水素エネルギー社会推進協議会,座長

  • 2019年度,公益社団法人 新化学技術推進協会 グリーン・サスティナブルケミストリーネットワーク会議,STGA選考委員

  • 2019年度,堺市水素エネルギー社会推進協議会,座長

  • 2018年度,公益社団法人 新化学技術推進協会 グリーン・サスティナブルケミストリーネットワーク会議,STGA選考委員

全件表示 >>

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 環境・エネルギー

    分野2 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 光触媒を用いた環境浄化とエネルギー創製

    概要 : 光触媒を用いた環境浄化とエネルギー創製

その他学内外の活動情報 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人大阪府危険物安全協会 危険物取扱者養成講習 講師,2018年04月 ~ 継続中

特許 【 表示 / 非表示

  • ウォンウェイジアン, 長原一平, 松岡雅也, 堀内悠,2019年03月08日,2020年02月13日,触媒

  • T. Yamamoto, M. Matsuoka, Y. Horiuchi,2017年09月29日,COMPOSITE MATERIAL, GAS ADSORBENT AND METHOD FOR PRODUCING COMPOSITE MATERIAL

  • 山本高郁, 松岡雅也, 堀内悠,2016年09月30日,複合材料及びガス吸着材並びに複合材料の製造方法

  • 小前草太, 志賀彰, 松岡雅也, 堀内悠,2016年02月25日,空気清浄設備機器

  • 道志智, 松岡雅也, 堀内悠, 鳥屋尾隆,2015年11月20日,シリカ粒子の製造方法およびシリカ粒子

全件表示 >>