基本情報

写真a

魚住 孝幸

Uozumi Takayuki

ウオズミ タカユキ


所属組織

物理系

職名

教授

ホームページ

http://www.qm.ms.osakafu-u.ac.jp/~uozumi/My_page.html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 量子ドット中に閉じ込められた励起子の光学的性質

  • 3d遷移金属化合物の電子状態

  • X線分光理論

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)半導体量子ドットに閉じ込められた励起子の構造と光学的性質に関する理論研究

    (キーワード) 半導体量子ドット,量子サイズ効果,閉じ込め励起子,光学的性質

    (関連する産業分野)30.電気機械器具,32. 精密機械器具製造業,47.電気通信業

  • (概要)3d遷移金属化合物の電子相関,磁性,内殻X線励起等に関する理論研究

    (キーワード) 遷移金属化合物,電子状態,電子相関,磁性,X線分光

    (関連する産業分野)28. 金属製品製造業,30. 電気機械器具,32. 精密機械器具製造業

  • (概要)3d,4f系を対象とする,多重項微細構造を考慮したX線分光理論解析

    (キーワード) X線分光,光電子分光,X線吸収,遷移金属化合物,希土類金属化合物

    (関連する産業分野)28. 金属製品製造業,30. 電気機械器具,32. 精密機械器具製造業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 3d,4f系化合物内殻X線分光の理論解析

  • 3d遷移金属化合物の電子状態

  • 量子ドット中に閉じ込められた励起子の光学的性質

論文 【 表示 / 非表示

  • Intermetallic charge transfer in FeTiO3 probed by resonant inelastic soft x-ray scattering,Phys. Rev. B,2009年03月,A. Agui, T. Uozumi, M. Mizumaki , T. Kaambre

  • Poralization Dependence of Resonant X-ray EmissionSpectra in Early Transition Metal Comopounds.,J. Phys. Soc. Jpn,2000年05月,M. Matsubara, T. Uozumi, A. Kotani, Y. Harada, S. Shin

  • Excited-state absorption of excitons confined in spherical quantum dots.,Phys. Rev. B,1999年04月,T. Uozumi, Y. Kayanuma, K. Yamanaka, K. Edamatsu, T. Itoh

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 物理学AII

  • 物理学AII

  • 統計熱力学I

  • 統計物理学IA

  • 量子力学特別講義

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 電気・電子・マテリアル

    タイトル : 機能性電子材料評価のためのX線分光理論の周辺

    概要 : 3d, 4f系化合物に対する内殻光電子分光,X線吸収分光,X線発光分光解析の理論的背景を紹介し,多重項微細構造解析による機能性電子材料評価のいくつかの例について議論する.

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2011年度,教員免許状更新講習(理科),科学技術と物理学