基本情報

写真a

深田 尚

Fukada Takashi

フカダ タカシ


所属組織

応用生命系

職名

助教

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 細胞生物学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 細胞の力学応答における細胞骨格の役割

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)アクチン結合蛋白質フィラミンを足場とした細胞内情報伝達の制御について

    (キーワード) 細胞骨格,力学応答,アクチン,フィラミン

    (関連する産業分野)34 その他製造業(製薬),88 医療業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本生化学会

  • 日本農芸化学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 生化学実験法47 PCR実験マニュアル 原理から応用まで,学会出版センター,2002年06月,共著,深田 尚、ほか16名

  • 遺伝子の構造と機能,学会出版センター,1998年02月,共著,深田 尚、ほか28名

論文 【 表示 / 非表示

  • Live-cell imaging of HP1alpha throughout the cell cycle of mouse C3H10T1/2 cells and rhythmical flickering of heterochromatin dots in interphase,Biosci. Biotechnol. Biochem.,2014年05月,C. Nakagawa, A. Kawakita, T. Fukada, K. Sugimoto

  • Identification of novel nuclear protein interaction with N-terminal part of filamin A,Biosci. Biotechnol. Biochem.,2011年01月,H. Qiu, R. Nomiyama, K. Moriguchi, T. Fukada, K. Sugimoto

  • Development of disinfection method against drug-resistant bacteria using the antimicrobial protein HE2β1,大阪府立産業技術研究所報告,2009年,S. Ikawa, T. Fukada

  • Differential responses of mitotic spindle pole formation to microtubule-stabilizing agents epothilones A and B at low concentrations,Cell Cycle,2008年02月,Shinji Sakaushi, Kumi Nishida, Takashi Fukada, Kaori Senda-Murata, Shigenori Oka, Kenji Sugimoto

  • A multi-fluorescent MDA435 cell line for mitosis inhibitor studies: Simultaneous visualization of chromatin, microtubules and nuclear envelope in living cells.,Biosci. Biotechnol. Biochem.,2007年10月,T. Fukada, K. Senda-Murata, K. Nishida, S. Sakaushi, H. Minamikawa, M. Dotsu, S. Oka, K. Sugimoto

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • バイオテクノロジー基礎実験

  • 植物バイオサイエンス情報処理演習

  • 植物科学基礎実験

  • 植物科学英語