基本情報

写真a

野村 俊之

NOMURA Toshiyuki

ノムラ トシユキ


所属組織

物質化学系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chemeng.osakafu-u.ac.jp/

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 化工物性・移動操作・単位操作

  • 環境技術・環境材料

研究分野を表す研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • バイオコロイド

  • 原子間力顕微鏡

  • 相互作用

  • 薬物送達システム

  • ナノリスク

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 微生物の付着・脱離現象の解明とその工学的利用法の開発

  • ナノ粒子の細胞送達と生体影響の評価

  • 気泡を用いたノンケミカル洗浄

  • 都市鉱山からの貴金属回収

  • 農薬送達システムの開発

全件表示 >>

技術相談・技術指導可能項目情報 【 表示 / 非表示

  • 微生物の付着・脱離現象の解明とその工学的利用法の開発

  • ナノ粒子の細胞送達と生体影響の評価

  • 農薬送達システムの開発

  • 気泡を用いたノンケミカル洗浄

  • 都市鉱山からの貴金属回収

全件表示 >>

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) バイオコロイド,分散・凝集,帯電性,疎水性,バイオフィルム

  • (キーワード) ナノ粒子,細胞毒性,デリバリー

  • (キーワード) ナノ農薬,デリバリー,環境影響

  • (キーワード) ナノバブル,微生物除去,ノンケミカル

  • (キーワード) バイオ還元,貴金属,廃棄物

全件表示 >>

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 京都大学,工学研究科,化学工学,修士,1993年04日 ~ 1995年03日,修了

  • 京都大学,工学研究科,化学工学,博士,1995年04日 ~ 1996年08日,中退

出身学校・専攻等(大学院を除く) 【 表示 / 非表示

  • 京都大学,工学部,化学工学科,大学,1989年04月 ~ 1993年03月,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

  • 粉体工学会

  • 日本エアロゾル学会

  • 静電気学会

  • 日本海水学会

全件表示 >>

所属学会役職担当(査読・編集委員は除く) 【 表示 / 非表示

  • 粉体工学会,評議員,2013年01月 ~ 2016年12月

  • 粉体工学会,理事,2017年01月 ~ 継続中

  • 粉体工学会,副編集委員長,2017年01月 ~ 継続中

受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究奨励賞,1994年05月,粉体工学会

  • 粉体工学会論文賞,2007年12月,粉体工学会

  • 研究奨励賞,2009年01月,ホソカワ粉体工学振興財団

  • IP奨励賞,2009年08月,粉体工学情報センター

  • APT Best Contributed Reviewer 2012,2013年03月,Advanced Powder Technology

全件表示 >>

研究職歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学工学部化学工学科助手,1996年09月01日 ~

  • 大阪府立大学大学院工学研究科物質系専攻化学工学分野助手,2000年04月01日 ~

  • 大阪府立大学大学院工学研究科物質系専攻化学工学分野講師,2005年04月01日 ~

  • 大阪府立大学大学院工学研究科物質系専攻化学工学分野准教授,2008年10月01日 ~

  • 大阪府立大学大学院工学研究科物質系専攻化学工学分野教授,2020年04月01日 ~

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 微生物の付着・付着現象の解明とその工学的利用法の開発

  • ナノ粒子の細胞送達と生体影響の評価

  • 農薬送達システムの開発

  • 気泡を用いたノンケミカル洗浄

  • 都市鉱山からの貴金属回収

全件表示 >>

科研費 【 表示 / 非表示

  • コロイド科学的技法を駆使したバイオフィルムの形成抑制技術の開発,2020年度,基盤研究(B)

  • 白金族元素(燃料電池用)の資源循環・金属触媒調製のためのバイオメタラジーの創出,2020年度,基盤研究(A)

  • バイオフィルム形成メカニズムの解明とその制御技術の開発,2010年度,基盤研究(A)(一般)

  • バクテリアをテンプレートとする水分解中空光触媒粒子合成法の開発,2010年度,挑戦的萌芽研究

  • バイオフィルム形成メカニズムの解明とその制御技術の開発,2009年度,基盤研究(A)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 粉体の表面処理・複合化技術集大成 第12章「バイオコロイド(生きた微生物)に働く相互作用評価」,テクノシステム,2018年07月,共著,内藤牧男, 蟹江 澄志, 野村俊之, 堀田裕司,

  • 先端部材への応用に向けた最新粉体プロセス技術 第2章2節「ビルドアップ法による粉体作製の基礎」,シーエムシー出版,2017年03月,共著,野村俊之

  • Nanoparticle Technology Handbook,Elsevier,2007年11月,共著,T.Nomura

  • 亜臨界水反応による廃棄物処理と資源・エネルギー化,シーエムシー出版,2007年09月,共著,野村俊之

  • 光合成微生物の機能と応用,シーエムシー出版,2006年12月,共著,小西康裕, 野村俊之

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 親水性ナノ粒子を用いたバイオフィルムの形成抑制,粉体工学会誌,2020年11月,田中智彦, 藤澤瑛梨, 吉原章仙, 小西康裕, 野村俊之, 近藤 光, 内藤牧男

  • 新型コロナウイルスCOVID-19のエアロゾル感染の可能性 ―微粒子工学の立場からの考察―,粉体工学会誌,2020年10月,向阪保雄, 野村俊之, 内藤牧男

  • 生分解性乳酸・グリコール酸共重合体(PLGA)ナノ粒子の植物細胞への送達,粉体工学会誌,2020年08月,佐藤美咲, 愛須 光, 湯浅友貴, 吉原章仙, 小西康裕, 野村俊之

  • Microbial recovery of palladium by baker's yeast through bioreductive deposition and biosorption,Hydrometallurgy,2020年06月,N. Saitoh, R. Fujimori, T. Yoshimura, H. Tanaka, A. Kondoh, T. Nomura, Y. Konishi

  • Direct measurement of interaction forces between a yeast cell and a microbubble using atomic force microscopy,Colloids and Surfaces A,2019年12月,S. Yumiyama, S. Kato, Y. Konishi, T. Nomura

全件表示 >>

他研究活動(総説等)情報 【 表示 / 非表示

  • Adhesion and internalization of functionalized polystyrene latex nanoparticles toward the yeast Saccharomyces cerevisiae,Advanced Powder Technology,2014年07月,J. Miyazaki, Y. Kuriyama, A. Miyamoto, H. Tokumoto, Y. Konishi, and T. Nomura

  • PSLナノ粒子が微生物に及ぼす毒性評価,C&I Commun.,2013年06月,野村俊之

  • Control of microbial adhesion using fine particle technology,Advanced Powder Technology,2012年09月,野村俊之

  • ナノサイズ固体粒子の合成に微生物機能を!,粉体技術,2010年02月,荻 崇,齋藤範三,野村俊之,小西康裕

  • 大腸菌を鋳型に用いたマイクロカプセルの合成,ケミカルエンジニアリング,2009年07月,野村俊之,小西康裕

全件表示 >>

学術雑誌編集・査読委員の経験情報 【 表示 / 非表示

  • 編集委員,Advanced Powder Technology,2005年01月 ~ 継続中

  • 編集委員,粉体工学会誌,2005年01月 ~ 継続中

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 化学工学卒業研究

  • 化学工学数学演習

  • 化学工学特殊講義I

  • 化学工学特殊講義I【化学工学特殊講義Ⅰ】

  • 化学工学特論

全件表示 >>

卒業論文指導情報 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,4人

  • 2019年度,3人

  • 2018年度,3人

  • 2017年度,2人

  • 2016年度,3人

全件表示 >>