基本情報

写真a

野村 俊之

Nomura Toshiyuki

ノムラ トシユキ


所属組織

物質化学系

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chemeng.osakafu-u.ac.jp/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 化工物性・移動操作・単位操作

  • 環境技術・環境材料

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 微生物の付着現象の解明とその工学的利用法の開発

  • ナノ粒子の生体影響の評価

  • 環境調和型微粒子の合成

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) バイオコロイド,分散・凝集,帯電性,疎水性,バイオフィルム

  • (キーワード) ナノ粒子,細胞毒性,デリバリー

  • (キーワード) バイオテンプレート,中空粒子,光触媒

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

  • 粉体工学会

  • 日本微生物生態学会

  • 日本エアロゾル学会

  • 日本海水学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究奨励賞,1994年05月,粉体工学会

  • 粉体工学会論文賞,2007年12月,粉体工学会

  • 研究奨励賞,2009年01月,ホソカワ粉体工学振興財団

  • IP奨励賞,2009年08月,粉体工学情報センター

  • APT Best Contributed Reviewer 2012,2013年03月,Advanced Powder Technology

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 微生物の付着現象の解明とその工学的利用法の開発

  • ナノ粒子の生体影響の評価

  • 環境調和型微粒子の合成

著書 【 表示 / 非表示

  • Nanoparticle Technology Handbook,Elsevier,2007年11月,共著,T.Nomura

  • 亜臨界水反応による廃棄物処理と資源・エネルギー化,シーエムシー出版,2007年09月,共著,野村俊之

  • ナノパーティクル・テクノロジー・ハンドブック,日刊工業新聞社,2006年04月,共著,野村俊之

  • ナノパーティクル・テクノロジー,日刊工業新聞社,2003年11月,共著,野村俊之

論文 【 表示 / 非表示

  • Cytotoxicity and behavior of polystyrene latex nanoparticles to budding yeast,Colloids and Surfaces A,2015年03月,J. Miyazaki, Y. Kuriyama, H. Tokumoto, Y. Konishi, and T. Nomura

  • Cytotoxicity of Functionalized Polystyrene Latex Nanoparticles Toward Lactic Acid Bacteria, and Comparison with Model Microbes,Journal of Nanoparticle Research,2015年02月,T. Nomura, Y. Kuriyama, H. Tokumoto, Y. Konishi

  • Measurement of microbial adhesive forces with a parallel plate flow chamber,Journal of Colloid and Interface Science,2014年10月,A. Yoshihara, H. Narahara, Y. Kuriyama, S. Toyoda, H. Tokumoto, Y. Konishi, T. Nomura

  • Isolation and characterization of a novel hydrogen-producing strain Clostridium sp. suitable for immobilization,International Journal of Hydrogen Energy,2014年01月,T. Nomura, A. Naimen, S. Toyoda, Y. Kuriyama, H. Tokumoto, Y. Konishi

  • Synthesis of hollow zirconia particles using wet bacterial templates,Advanced Powder Technology,2013年11月,T. Nomura, S. Tanii, M. Ishikawa, H. Tokumoto and Y. Konishi

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 化学工学実験II

  • 化学工学数学演習

  • 粉体工学II

  • 粉体工学特論