基本情報

写真a

秋山 康紀

Akiyama Kohki

アキヤマ コウキ


所属組織

応用生命系

職名

教授

ホームページ

https://kai1372.wixsite.com/npclab

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物生産化学・生物有機化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • アーバスキュラー菌根菌と植物との共生系における共生制御物質の解明

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)アーバスキュラー菌根菌と植物との共生系における共生制御物質の解明

    (キーワード) アーバスキュラー菌根菌,共生,ミヤコグサ,シグナル物質

    (関連する産業分野)農林業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 農学博士,岡山大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

  • 植物化学調節学会

  • 植物微生物研究会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成18年度 B.B.B.論文賞(共著),2006年03月,日本農芸化学会

  • 平成18年度 農芸化学奨励賞,2006年03月,日本農芸化学会

  • 第3回リサーチフロントアワード,2012年02月,トムソン・ロイター

  • 植物化学調節学会賞,2016年10月,植物化学調節学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • アーバスキュラー菌根菌の共生におけるシグナル物質としてのストリゴラクトンの発見と機能. 植物のシグナル伝達:分子と応答,共立出版,2010年05月,共著,秋山 康紀,林 英雄

  • 発芽生物学 種子発芽の生理・生態・分子機構,文一総合出版,2009年03月,共著,秋山康紀,林英雄

論文 【 表示 / 非表示

  • Myristate can be used as a carbon and energy source for the asymbiotic growth of arbuscular mycorrhizal fungi,Proc Natl Acad Sci USA,2020年09月,Yuta Sugiura, Rei Akiyama, Sachiko Tanaka, Koji Yano, Hiromu Kameoka, Shiori Marui, Masanori Saito, Masayoshi Kawaguchi, Kohki Akiyama, Katsuharu Saito

  • Chemical identification of 18-hydroxycarlactonoic acid as an LjMAX1 product and in planta conversion of its methyl ester to canonical and non-canonical strigolactones in Lotus japonicus,Phytochemistry,2020年03月,Narumi Mori, Aika Sado, Xiaonan Xie, Kaori Yoneyama, Kei Asami, Yoshiya Seto, Takahito Nomura, Shinjiro Yamaguchi, Koichi Yoneyama, Kohki Akiyama

  • Hydroxyl carlactone derivatives are predominant strigolactones in Arabidopsis,Plant Direct,2020年03月,Kaori Yoneyama, Kohki Akiyama, Philip B. Brewer, Narumi Mori, Miyuki KawanoKawada, Shinsuke Haruta, Hisashi Nishiwaki, Satoshi Yamauchi, Xiaonan Xie, Mikihisa Umehara, Christine A. Beveridge, Koichi Yoneyama, Takahito Nomura

  • Identification of two oxygenase genes involved in the respective biosynthetic pathways of canonical and non-canonical strigolactones in Lotus japonicus,Planta,2019年12月,Natumi Mori, Takahito Nomura, Kohki Akiyama

  • Stimulation of asymbiotic sporulation in arbuscular mycorrhizal fungi by fatty acids,Nature Microbiology,2019年05月,Hiromu Kameoka , Ippo Tsutsui , Katsuharu Saito , Yusuke Kikuchi , Yoshihiro Handa , Tatsuhiro Ezawa , Hideo Hayashi , Masayoshi Kawaguchi, Kohki Akiyama

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 天然物化学

  • 応用生命研究プレゼンテーション

  • 応用生命科学キャリアデザイン

  • 応用生命科学ゼミナールB

  • 応用生命科学ゼミナールC

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 動物・植物・バイオ

    分野2 : 食品・農業・水産

    タイトル : アーバスキュラー菌根共生―4億年続いてきた共生系―

    概要 : 植物と菌類との共生体である菌根の成り立ち、植物生産や生態系での働きについて解説

    キーワード : 菌根菌/共生/ストリゴラクトン