基本情報

写真a

森山 光章

Moriyama Mitsuaki

モリヤマ ミツアキ


所属組織

獣医系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/phys/phys.html

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 獣医生理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 正常時および病態時のアミノ酸代謝変化

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)肝臓は生体内でのアミノ酸代謝の結果生じるアンモニアの処理(無毒化)に中心的な役割を果たす器官である。正常時または種々の病態時に生体がどのようにアミノ酸やアンモニアの代謝を変化させているのか,その調節機構の解明を目指して,肝臓のみならず,脳,腎臓,消化管,筋肉の窒素代謝変化を解析している。現在,尿素サイクル酵素の遺伝子ノックアウトマウスを用いて主に肝臓灌流法により検討を進めている。

    (キーワード) アミノ酸代謝,尿素サイクル,臓器相関,臓器灌流

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会

  • 日本生化学会

  • 日本生理学会

  • 日本神経化学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • シトリン欠損症の分子病態と生化学的マーカー,科学評論社,2017年07月,共著,佐伯武頼, 森山光章

  • 実験で学ぶ生理学[改訂版] 肝機能の評価ー肝臓灌流実験ー,学窓社,2014年02月,単著,森山光章

  • Pathophysiology of citrin deficiency., ,2006年07月,共著,Saheki T, Kobayashi K, Li MX, Horiuchi M, Tabata A, Lu YB, Ushikai M, Terashi M, Moriyama M.

  • 臓器灌流実験講座 再生肝のフルクトース代謝と脂肪酸による調節,新興医学出版社,2000年03月,共著,森山光章 菅野司

論文 【 表示 / 非表示

  • Acetate suppresses lipopolysaccharide-stimulated nitric oxide production in primary rat microglia but not in BV-2 microglia cells.,Curr. Mol. Pharmacol. ,2021年,Moriyama M, Nishimura Y, Kurebayashi R, Minamihata T, Kawabe K, Takano K Nakamura Y.

  • Increase in cellular lysophosphatidylserine content exacerbates inflammatory responses in LPS-activated microglia.,Neurochemical Research,2021年,Minamihata T, Takano K, Nakamura Y, Seto R, Moriyama M.

  • AGC2 (Citrin) deficiency-From recognition of the disease till construction of therapeutic procedures.,Biomolecules,2020年,Saheki T, Moriyama M, Funahashi A, Kuroda E.

  • Lysophosphatidylinositol, an endogenous ligand for G protein-coupled receptor 55, has anti-inflammatory effects in cultured microglia.,Inflammation,2020年,Minamihata T, Moriyama M*, Takano K, Nakamura Y

  • Pivotal role of inter-organ aspartate metabolism for the treatment of citrin deficiency, based on the mouse model.,Scientific Reports,2019年03月,Saheki T, Moriyama M, Kuroda E, Funahashi A, Yasuda I, Setogawa Y, Gao Q, Ushikai M, Furuie S, Yamamura KI, Takano K, Nakamura Y, Eto K, Kadowaki T, Sinasac DS, Furukawa T, Horiuchi M, Tai YH.

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • Increase in intracellular lysophosphatidylserine content exacerbates inflammatory response by cultured microglia.,第64回神経化学会大会,2021年09月,Tomoki Minamihata, Katsura Takano, Mitsuaki Moriyama and Yoichi Nakamura

  • Lysophosphatidylinositol suppressed inflammatory responses by cultured microglia,第63回日本神経化学会,2020年09月,Minamihata, T., Moriyama, M., Takano, K., Nakamura, Y.

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 基礎動物生理学

  • 獣医生理学実習

  • 獣医生理学A

  • 獣医生理学B

  • 獣医生理学C

全件表示 >>

院生論文発表情報 【 表示 / 非表示

  • Increase in cellular lysophosphatidylserine content exacerbates inflammatory responses in LPS-activated microglia.,2021年,Minamihata T, Takano K, Nakamura Y, Seto R, Moriyama M.,Neurochemical Research

 

特許 【 表示 / 非表示

  • 森山光章, 佐伯武頼, 田中雅嗣, 小林圭子,2004年07月22日,2006年02月09日,シトルリン血症治療剤 (Na-Pyr)