基本情報

写真a

八木 繁幸

Yagi Shigeyuki

ヤギ シゲユキ


所属組織

物質化学系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka6/index.html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • らせん分子集積構造の協同的ホモヘリシティー制御

  • ビススピロピランポダンドによるアルカリ土類金属イオンの比色分析

  • ポルフィリン人工レセプターを用いた超分子光誘起電子移動系の構築と光電変換素子開発への応用

  • 不斉ならせん分子によるキラルネマティック相の誘起

  • 有機太陽電池用光電変換材料の開発

全件表示 >>

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)有機EL用有機材料の開発

    (キーワード) 有機EL,新規π電子系,蛍光,りん光,量子収率

    (関連する産業分野)ディスプレイ素子,照明

  • (キーワード) 有機薄膜太陽電池,π共役高分子,光電変換,p型半導体,電荷分離

  • (概要)機能性色素の合成

    (キーワード) 機能性色素,スクアリリウム,合成,新規π電子系,分光スペクトル

    (関連する産業分野)電子材料,臨床試験,繊維産業

  • (概要)光合成を模倣した光電変換材料の開発

    (キーワード) 人工光合成,ポルフィリン,光電変換,電荷分離,光誘起電子移動

    (関連する産業分野)電子材料,エネルギー,色材

  • (概要)分子認識に基づくセンサーの開発

    (キーワード) 分子認識,分子センサー,比色分析,蛍光発光,分光スペクトル

    (関連する産業分野)環境分析,医薬品開発,臨床試験

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 有機合成化学協会

  • 米国化学会

  • 近畿化学協会

  • 光化学協会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 若い世代の特別講演,1999年09月,日本化学会

  • 色材協会創立75周年記念国際会議優秀論文賞,2002年04月,色材協会

  • 色材協会賞(論文),2011年11月,社団法人色材協会

  • 色材協会賞(論文),2012年09月,一般社団法人色材協会

  • 色材協会創立85周年記念国際会議色材協会会長賞,2013年10月,一般社団法人色材協会

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 機能性色素の開発

  • 有機EL用りん光材料の設計と合成

  • 有機EL用新規π電子化合物の設計と合成

  • 有機電子デバイス用π共役高分子の創製

  • 光電変換素子を指向した有機材料の創製

著書 【 表示 / 非表示

  • 有機EL用発光材料の開発,シーエムシー出版,2016年10月,未設定,八木繁幸

  • 有機エレクトロニクスを指向した有機金属元素ブロック材料の創出,シーエムシー出版,2016年06月,未設定,八木繁幸

  • 有機デバイスのための塗布技術,シーエムシー出版,2012年03月,共著,八木 繁幸、中澄 博行

  • 化学工業,化学工業社,2010年07月,共著,八木繁幸、中澄博行

  • Topics in Heterocyclic Chemistry 14. Heterocyclic Polymethine Dyes,Springer-Verlag,2008年05月,共著,Shigeyuki Yagi, Hiroyuki Nakazumi

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Luminescent Properties of Novel Bis-cyclometalated Iridium(III) Complex Bearing a Phosphine Oxide-appended Diketonate Ligand for Solution-processed Multilayer OLEDs,Chem. Lett.,2017年08月,Naoki Okamura, Kazuya Ishiguro, Takeshi Maeda, and Shigeyuki Yagi

  • Synthesis and Luminescence Properties of Dithieno[3,2-a:2',3'-c]phenazine Derivatives with Electron-donating pi-Conjugated Side-arms at the 2, 5- and 8, 11-Positions,J. Jpn. Soc. Colour Mater.,2017年02月,Yanjun He, Natsuki Okamoto, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, and Shigeyuki Yagi

  • Synthesis and Luminescence Properties of Dibenzo[a,c]phenazine Derivatives Bearing a Series of Electron-donating pi-Conjugated Side-arms at the 10,13-Positions. Novel ICT-type Red Fluorophores based on Donor-acceptor-donor Structures,J. Jpn. Soc. Colour Mater.,2016年11月,Yanjun He, Yuichiro Hayashi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, and Shigeyuki Yagi

  • Spin-Orbit Coupling Analyses of the Phosphorescence: The Effects of Cyclometalated Ligand Replacement in fac-Ir(ppy)3 with Various bpy Ligands to Blue Phosphorescence,RSC Advances,2016年07月,Harunobu Yoshinaga, Toshio Asada, Shiro Koseki, Shigeyuki Yagi, and Takeshi Matsushita

  • Novel Bis- and Tris-cyclometalated Iridium(III) Complexes Bearing a Benzoyl Group on Each Fluorinated 2-Phenylpyridinate Ligand Aimed at Development of Blue Phosphorescent Materials for OLED,RSC Advances,2016年06月,Naoki Okamura, Taiyo Nakamura, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, Hideki Fujiwara, and Shiro Koseki

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 初年次ゼミナール【「色」による区別と役割】

  • 工学域インターンシップ

  • 応用化学卒業研究

  • 応用化学特殊講義I

  • 応用化学特殊講義II

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 電気・電子・マテリアル

    タイトル : 光る有機化合物 ~身近な化学から先端技術まで~

    概要 : 有機化合物は炭素原子を含む物質であり、医薬品から繊維・プラスチックまで、多くの有機化合物が私たちの生活を支え、豊かにしてくれています。中でも有機色素は、その構造が光や色と大きな関わりがあることから、光科学技術分野でたいへん注目されています。本講演では、夏の風物詩である“ホタルの光”から携帯電話や薄型テレビで今話題の“有機EL”まで、光る有機色素のもつ特徴を紹介しながら先端科学の世界をわかりやすく解説し、化学の楽しさ、研究のすばらしさについて語りたいと思います。

    キーワード : 蛍光、りん光、機能性色素、化学発光、生物発光、有機EL素子

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 電気・電子・マテリアル

    タイトル : 有機EL照明を指向したりん光性有機金属錯体の開発

    概要 : 近年、有機ELによる照明機器の実用化に向けた素子開発が活発化している。高性能な照明用有機EL素子の開発には有機金属錯体を基盤とするりん光材料の利用が不可欠であるが、素子パフォーマンスのさらなる向上を実現するためには分子レベルに基づいた材料設計が必要である。本講演では白金およびイリジウム錯体を中心に、りん光材料の基礎的特性から有機EL開発に向けた材料設計について、最新の研究動向を交えながら解説する。

    キーワード : 有機EL照明、りん光、有機金属錯体

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 電気・電子・マテリアル

    タイトル : 有機EL用りん光性有機金属錯体の開発

    概要 : 近年、有機EL素子を利用した次世代FPDや照明機器が実用化レベルに達しつつある。しかしながら、デバイス作製における生産コストの低減化や素子パフォーマンスのさらなる向上など、有機EL製品の普及に向けた改善点が多く残されている。本講演では、高効率発光材料として有機ELに用いられているりん光性金属錯体について、これまでの研究を踏まえながら最新の研究動向について詳解する。

    キーワード : 有機EL素子、りん光、有機金属錯体

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2015年度,近畿化学協会ヘテロ原子部会平成27年度第3回懇話会,有機発光デバイスを指向した高機能りん光性有機金属錯体の創製

  • 2014年度,高分子学会印刷・情報記録・表示研究会および光反応・電子用材料研究会 講師,塗布型OLEDを指向したりん光性有機金属錯体の配位子デザイン

  • 2011年度,(社)大阪工研協会第43回有機合成セミナー「新領域・新分野を開拓する革新技術」,配位子のp共役デザインによるりん光性有機金属錯体の高機能化

  • 2011年度,近畿化学協会機能性色素部会見学研修セミナー「大阪府立大学LED植物工場」,溶液塗布によって作製可能なりん光型有機EL素子の開発と白色光源への応用

  • 2010年度,大阪府立大学/りそなグループ技術懇親会,有機EL用りん光性有機金属錯体の開発

全件表示 >>