基本情報

写真a

牧岡 省吾

Makioka Shogo

マキオカ ショウゴ


所属組織

現代システム科学系

職名

教授

ホームページ

http://www.ess.osakafu-u.ac.jp/human/makioka/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 現代システム科学域

  • 人間社会システム科学研究科・人間社会学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 実験心理学

  • 認知科学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 共感覚の形成過程のモデル化

  • 単語の視覚的認知過程

  • 日本語コーパスの分析

  • 言語獲得過程のモデル化

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 共感覚,ナンバーフォームズ,ニューラルネットワーク

  • (キーワード) 単語認知,漢字、平仮名

  • (キーワード) コーパス分析,音韻

  • (キーワード) 語彙獲得,ニューラルネットワーク,単語の分節化

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 感覚・知覚・認知の基礎,オーム社,2012年01月,共著, 

  • 認知心理学を語る2 おもしろ言語のラボラトリー,北大路書房,2001年09月,共著,牧岡省吾

  • 認知科学の新展開1,岩波書店,2001年05月,共著,牧岡省吾

  • 読み—脳と心の情報処理,朝倉書店,1998年09月,共著,牧岡省吾

論文 【 表示 / 非表示

  • Serial order learning of subliminal visual stimuli: evidence of multistage learning,frontiers in Psychology,2015年02月,Kaede Kido, Shogo Makioka

  • Priming effects under continuous flash suppression: An examination on subliminal bottom-up processing,Japanese Psychological Research,2014年04月,Kaede Kido and Shogo Makioka

  • 予定実行の順序に基づく展望的記憶の活性変化:意図優位性効果による検討,認知心理学研究,2012年03月,内海 健太, 齊藤 智, 牧岡 省吾

  • 漢字熟語の再認記憶における文脈変動性の効果,認知心理学研究,2012年03月,山田 真悠子, 牧岡 省吾, 玉岡 賀津雄

  • A self-organizing learning account of number-form synaesthesia,Cognition,2009年09月,S. Makioka

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • グローバル・コミュニケーション演習A

  • 人間環境科学入門I

  • 人間環境科学演習II

  • 卒業論文

  • 心理学研究法特論

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 心理・教育・福祉

    分野2 : 情報・知能

    タイトル : 心のしくみ

    概要 : 認知科学・認知心理学・脳科学の成果をもとに心の仕組みについて解説する

    キーワード : 認知科学、認知心理学、脳科学、神経科学