基本情報

写真a

炭谷 順一

Sumitani Jun-ichi

スミタニ ジュンイチ


所属組織

応用生命系

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.biochem.osakafu-u.ac.jp/~monger

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (-)インドラクタムV(ILV)生合成に関与する遺伝子群の同定とその利用

  • 1-デオキシノジリマイシン(DNJ)生合成遺伝子群を用いたDNJ誘導体の効率的合成

  • Aspergillus aculeatusを用いた異種遺伝子大量発現系の構築

  • CBM25に分類されるデンプン結合領域の構造機能相関と応用

  • セルラーゼを用いた木質系バイオマスの有効利用

全件表示 >>

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)部位特的変異またはランダム変異を導入することで,必要とする性質を付加した改良酵素の開発を行う.多くの酵素は立体構造が明らかでなく,構造機能相関について知見がないものが多いことから,酵素の改質には,ランダム変異が有用である.我々はこのランダム変異に関して,様々な知見を持っており,目的の酵素に適合した変異導入法(error-prone PCR,DNA shufflingなど)を用い,分子進化工学的手法によって目的の性質を獲得した変異酵素を得る.

    (キーワード) molecular breeding,cellulases,direct evolution,synergistic effect,bioethanol

    (関連する産業分野)21製造業 化学工業,21製造業 その他の製造業

  • (概要)我々が新たに同定したCBM25に分類されるデンプン結合領域(SBD)は既知のSBDよりもデンプンへの結合力が強いだけでなく,SephadexやSephacrylなどの既存のデキストラン系樹脂に強く結合する.この結合能を利用して,例えば組み換え蛋白精製のためのアフィニティタグとして利用が可能である.また,デンプン性基質だけでなく,キシランやβ-1,6グルカンにも結合するSBDも保持している.この結合特異性を解析することで目的の糖質に結合しうる変異SBDを設計出来る可能性も考えられる.

    (キーワード) Carbohydrate-binding modules,Starch-binding domain,amylases,direct repeat

    (関連する産業分野)21製造業 食品製造業,21製造業 化学工業,21製造業 その他の製造業

  • (概要)放線菌の生産する蛋白性アミラーゼ阻害剤は分子量約8,000の単純蛋白質で,大量発現系も確立されている.本阻害剤は100℃の加熱に対しても阻害活性を失わないことから,調理を伴う食品に添加しても阻害活性が残存し,アミラーゼ阻害によるダイエット効果が期待できる.本阻害剤遺伝子を各種植物体へ導入し,その塊茎または果実で発現させることで,害虫耐性を付与したり,ダイエット食材として利用される可能性が大いに期待される.

    (キーワード) amylase inhibitors,diet foods,GMO

    (関連する産業分野)21製造業 食品製造業,21製造業 化学工業,1農業

  • (キーワード) phosphorylase,oligosaccharides

  • (キーワード) amylases,multicatalytic domain,bifunctional enzymes,modular structure

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • CBM25に分類されるデンプン結合領域の応用

  • G3アミラーゼを用いたG3配糖体の酵素合成

  • ホスホリラーゼ系酵素を用いた新規オリゴ糖の合成

  • 分子進化工学的手法を用いた有用酵素の機能変換

  • 有用蛋白遺伝子の異種宿主における大量発現

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Lignocellulose Degradation and Biorefinary,UNI PUBLISHERS CO., LTD,2015年03月,未設定,Yutaro Baba, Jun-ichi Sumitani, Shuji Tani, Takashi Kawaguchi

  • Lignocellulose Degradation and Biorefinary,UNI PUBLRSHERS CO., LTD,2015年03月,共著,Yasushi Morikawa, Wataru Ogasawara, Takashi Kawaguchi, Jun-ichi Sumitani, Shuji Tani et al

  • Lignocellulose Degradation and Biorefinary,UNI PUBLISHERS CO., LTD,2015年03月,未設定,Shuji Tani, Jun-ichi Sumitani, Takashi Kawaguchi

  • Development of a Homologous Transformation System for Aspergillus aculeatus Based on the sC Gene Encoding ATP-Sulfurylase, ,2009年05月,共著,H. ADACHI, S. TANI, S. KANAMASA, J. SUMITANI and T. KAWAGUCHI

  • Biotechnology of Lignocellulose Degradation and Biomass Utilization,Ito Print Publishing Division,2008年12月,共著,J. Sumitani, S. Tani, T. Konishi, A. Tao, M. Arai, and T. Kawaguchi

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Engineering of the Trichoderma reesei xylanase 3 promoter for efficient enzyme expression.,Applied Microbiology and Biotechnology,2018年03月,Hirasawa H, Shioya K, Furukawa T, Tani S, Sumitani J, Kawaguchi T, Morikawa Y, Ogasawara W

  • Dipeptidyl peptidase IV is involved in the cellulose-responsive induction of cellulose biomass-degrading enzyme genes in Aspergillus aculeatus,Biosci Biotechnol Biochem,2017年06月,Shuji Tani, Shota Yuki, Emi Kunitake, Jun-ichi Sumitani & Takashi Kawaguchi

  • Site-saturation mutagenesis for β-glucosidase 1 from Aspergillus aculeatus to accelerate the saccharification of alkaline-pretreated bagasse,Appl Microbiol Biotechnol,2016年12月,Baba Y, Sumitani J, Tanaka K, Tani S, Kawaguchi T

  • A high performance Trichoderma reesei strain that reveals the importance of Xylanase III in cellulosic biomass conversion,Enzyme and Microbial Technology,2016年01月,Nakazawa H, Kawai T, Ida N, Shida Y, Shioya K, Kobayashi Y, Okada H, Tani S, Sumitani J, Kawaguchi T, Morikawa Y, Ogasawara W

  • Characterization and gene cloning of a maltotriose-forming exo-amylase from Kitasatospora sp. MK-1785.,Applied Microbiology and Biotechnology,2015年06月,Kamon M, Sumitani J, Tani S, Kawaguchi T

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 化学実験

  • 微生物学実験

  • 微生物学実験

  • 微生物機能開発学特論

  • 応用生命科学ゼミナールA

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 環境・エネルギー

    分野2 : 動物・植物・バイオ

    タイトル : 微生物バイオテクノロジーが拓く循環型社会

    概要 : 目に見えない微生物はあまりなじみのない存在かもしれません。しかし土壌1グラム中には数億匹もの微生物が生息しています。講義では身近に存在する微生物の中から我々の生活や産業に役立つ微生物を探し出しその力を活用する研究について紹介します。