基本情報

写真a

木全 卓

KIMATA Takashi

キマタ タカシ


所属組織

緑地環境系

職名

准教授

ホームページ

http://geo.envi.osakafu-u.ac.jp/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 農業土木学・農村計画学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • リサイクル材料を混合した地盤材料の開発に関する研究

  • 斜杭を用いた簡易基礎方式の開発に関する研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)廃棄発泡プラスチック破砕片混合土の力学特性を把握し、軽量な地盤材料としての適用性を検討する。さらには、発泡プラスチックのような変形性粒子を含む混合土の力学特性を解明し、様々なリサイクル材料の利用可能性についての展開を図る。

    (キーワード) リサイクル材料,軽量混合土,力学特性

    (関連する産業分野)1.農業,9.総合工事業,22.プラスチック製品製造業

  • (概要)簡易な構造物基礎として、斜杭を用いた基礎方式の有用性を模型実験や現場実験を行って明らかにする。さらには、数値解析などを行うことにより、斜杭の力学特性を理論的に解明し、斜杭基礎の可能性や幅広い実用化を検討する。

    (キーワード) 基礎構造物,斜杭,地盤,力学特性

    (関連する産業分野)1.農業,11.設備工事業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学会

  • 農業農村工学会

  • 国際地盤工学会

  • 国際ジオシンセティックス学会

  • ダム工学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • リサイクル材料を活用した地盤材料の開発に関する研究

  • 斜杭を用いた簡易基礎の開発・適用に関する研究

著書 【 表示 / 非表示

  • 農業農村工学ハンドブック,農業農村工学会,2010年08月,共著, 

論文 【 表示 / 非表示

  • 廃棄発泡プラスチック破砕片の屋上緑化基盤材としての適用性に関する検討,第7回環境地盤工学シンポジウム論文集,2007年08月,木全 卓,島田和久

  • Analysis of Compressibility of Soil Mixed with Deformable Particles,Proc. of 15th SEAGC on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering,2004年11月,T. Kimata, T. Kuwabara, S. Yokota

  • 粘土のKo 圧密非排水静的平面ひずみ挙動,農業土木学会論文集,1994年04月,木全 卓,長谷川高士,内田一徳

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 土環境学特論

  • 地理情報科学

  • 地理情報計測学

  • 地理情報計測学実習

  • 構造力学

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,E-ディフェンスを活用した減災対策推進委員会(兵庫県),アドバイザー

  • 2015年度,富田林市特定事業評価審議会,委員長

  • 2007年度,大阪府・大阪市構造物耐震検討委員会,委員

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 環境・エネルギー

    分野2 : その他

    タイトル : 地盤の液状化―そのメカニズムを考える―

    概要 : 地震に関する基本的事項、地震による被害、液状化の定義とメカニズム、液状化の被害と対策、などに関して地盤工学の観点から易しく説明する。さらに、液状化に対する具体的なイメージを深めてもらうため、プラスチック水槽を用いた簡易な模型実験も行う。

    キーワード : 液状化, 地震, 地盤工学

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2015年度,出前講義(河内長野市民大学),地盤の液状化-そのメカニズムを考える-

  • 2012年度,出前講座(もりぐち市民大学講座),地盤の液状化-そのメカニズムを考える-