基本情報

写真a

桑村 充

Kuwamura Mitsuru

クワムラ ミツル


所属組織

獣医系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/path/path.html

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野を表す研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 獣医病理

  • 疾患モデル

  • 自然発生病変

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 神経疾患モデル動物の病態・遺伝解析

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会

  • 日本毒性病理学会

  • 日本獣医師会

  • 日本実験動物学会

所属学会役職担当(査読・編集委員は除く) 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医病理学専門家協会(JCVP),理事,2014年04月 ~ 継続中

  • 日本獣医学会 ,理事,2021年09月 ~ 継続中

  • 日本毒性病理学会,評議員,2008年04月 ~ 継続中

  • 日本実験動物学会,評議員,2018年01月 ~ 継続中

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会賞,2010年03月,(社)日本獣医学会

  • 獣医学奨励賞,1998年08月,(社)日本獣医学会

  • 第126回日本獣医学会大会長賞,1998年08月,(社)日本獣医学会

 

科研費 【 表示 / 非表示

  • 比較病態モデルによる難治性ミエリン疾患のメカニズム解明,2021年度,基盤研究(B)

著書 【 表示 / 非表示

  • 動物病理学各論第3版,文永堂出版,2021年03月,共著,日本獣医病理学専門家協会

  • 動物病理カラーアトラス第2版,日本獣医病理学専門家協会,2018年01月,共著,中山裕之 他

  • 脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識,文光堂,2015年10月,共著,橋本信夫 他

  • Hydrocephalus (Edt: Amaya Velazquez) Hemorrhagic hydrocephalus (hhy): a novel hydrocephalus mouse mutation with near-perfect penetrance,Nova Science Publishers, Inc,2013年04月,共著,Mori N et al

  • 動物病理学総論第3版,日本獣医病理学会編,2013年03月,共著,中山裕之 他

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • PHF24 is expressed in the inhibitory interneurons in rats.,Exp Anim ,2021年,Numakura Y, Uemura R, Tanaka M, Izawa T, Yamate J, Kuramoto T, Kaneko T, Mashimo T, Yamamoto T, Serikawa T, Kuwamura M

  • Hashikawa Y, Hayashi R, Tajima M, Okubo T, Azuma S, Kuwamura M, Takai N, Osada Y, Kunihiro Y, Mashimo T, Nishida K.,Sci Rep,2020年,Hashikawa Y, Hayashi R, Tajima M, Okubo T, Azuma S, Kuwamura M, Takai N, Osada Y, Kunihiro Y, Mashimo T, Nishida K.

  • Morita C, Tanaka M, Noguchi S, Shimamura S, Wada Y, Izawa T, Yamate J, Kuwamura M An aortic body carcinoma with sarcomatoid morphology and chondroid metaplasia in a French Bulldog.,J Vet Med Sci ,2020年,Morita C, Tanaka M, Noguchi S, Shimamura S, Wada Y, Izawa T, Yamate J, Kuwamura M

  • Takami Y, Izawa T, Tanaka M, Hatoya S, Nabetani T, Yamate J, Kuwamura M Hepatocellular necrosis with prominent regenerative reactions in a zonisamide administrated dog.,J Vet Med Sci,2020年,Takami Y, Izawa T, Tanaka M, Hatoya S, Nabetani T, Yamate J, Kuwamura M

  • Downregulation of aspartoacylase during the progression of myelin breakdown in the dmy mutant rat with mitochondrial magnesium channel MRS2 defect.,Brain Res,2019年09月,Kuwamura M, Tanimura S, Hasegawa Y, Hoshiai R, Moriyama Y, Tanaka M, Takenaka S, Nagayoshi H, Izawa T, Yamate J, Kuramoto T, Serikawa T.

全件表示 >>

学術雑誌編集・査読委員の経験情報 【 表示 / 非表示

  • 編集委員,The Journal of Veterinary Medical Science誌,2014年04月 ~ 継続中

  • 編集委員,日本毒性病理学会誌(Journal of Toxicologic Pathology),2013年02月 ~ 継続中

  • 編集委員,日本実験動物学会 Experimental Animals誌 ,2017年05月 ~ 継続中

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 動物バイオテクノロジー特別講義

  • 毒性病理学

  • 毒性病理学実習

  • 獣医病理学A

  • 獣医病理学B

全件表示 >>