基本情報

写真a

小島 秀夫

Kojima Hideo

コジマ ヒデオ


所属組織

分子系

職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~kojima/index.htm

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 理学系研究科・理学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

  • 生体触媒化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生体触媒を用いる有機合成

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)生体触媒を用いる有機合成

    (キーワード) 生体触媒,有機合成

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 有機合成化学協会

  • アメリカ化学会

  • 日本応用糖質科学会

  • 日本糖質学会

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 生体触媒を用いる有機合成

論文 【 表示 / 非表示

  • Asymmetric reduction of fluorine-containing ketones using Synechocystis sp. PCC 6803,Active Enzyme Molecule 2014,2014年12月,Kazuma Ujigawa, Yuta Otani, Hideo Kojima, Satomi Takeda, Rio Yamanaka, Kaoru Nakamura

  • RARE EARTH TRIFLATES/CHLOROTRIMETHYLSILANE-PROMOTED ONE-POT SYNTHESIS OF ENALS,HETEROCYCLES,2014年01月,Natsuko Kagawa, Yoshiko Sasaki, Shoko Sakaguchi, Ayumi Nagatomo, Hideo Kojima, Masahiro Toyota

  • Arabidopsis thaliana: a novel biocatalyst for asymmetric reductions,Plant Biotechnology,2011年03月,S. Takeda; Y. Ogata; H. Kojima; A. Okada; Y. Uranishi; K. Nakamura

  • Rare earth triflates/chlorotrimethylsilane indicated activation of triethylamine as a latent acetaldehyde anion: a new synthesis of α,β-unsaturated aldehydes,Tetrahedron Letters,2010年01月,N. Kagawa, Y. Sasaki, H. Kojima, M. Toyota

  • Asymmetric reduction of ketones by cultured cells of Nicotiana tabacum,12th Japanese Symposium on the Chemistry of Biocatalysis (Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic), Abstract,2010年, 

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 有機化学演習I

  • 有機生物化学

  • 生体分子科学特論

  • 化学実験

  • 化学実験

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 有機分子の世界における左と右

    概要 : わたしたちが味や香りを感じるメカニズムや、薬がどのように作用するかということが分子のレベルで解き明かされてきました。その背景には、分子の「左と右」の関係の解明にむけた先人たちの数々の努力があります。 左手と右手の関係にある構造の分子の片方だけを巧みに合成する化学への挑戦について解説します。

    キーワード : 不斉合成

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2015年度,高大連携講座,植物を活用した環境に優しいものづくり

  • 2014年度,府大講座,酵素のパワーを活かしたものづくり ~生体触媒化学への誘い~

  • 2013年度,堺市立堺高等学校サマーサイエンスセミナー,分子における左と右

  • 2011年度,高大連携講座,有機分子の世界における左と右

  • 2006年度,出前講義,有機分子の世界における左と右

全件表示 >>