基本情報

写真a

吉井 泉

YOSHII Izumi

ヨシイ イズミ


所属組織

高等教育推進部門

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 高等教育推進機構

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 視覚的情報処理に関する研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)視覚機能に関する、測定と評価、測定システムの開発、身体運動との関連について研究を行っている。

    (キーワード) 視覚的情報処理,視機能測定,動体視力,注視点分析,視覚負荷トレーニング

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(体育学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本スポーツ心理学会

  • 日本体育学会

  • 日本幼少児健康教育学会

  • 日本トレーニング科学会

  • 教育システム情報学会

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 視覚的情報処理に関する研究

  • 視覚負荷トレーニングと歩行に関する研究

  • 自律歩行アシストシステムの開発

論文 【 表示 / 非表示

  • DVA動体視力の優劣を規定する眼球運動の特徴,トレーニング科学,2019年03月,吉井泉,真嶋由貴恵,川端悠

  • Shutter Goggle Effects on Restricting Visual Information ,The 7th Asian Conference on Information System,2017年12月,Izumi YOSHII,Yukie MAJIMA

  • ゴルフ競技者のスポーツサングラスの使用実態,愛知工業大学研究報告,2017年03月,吉井泉、石垣尚男、河村剛光、鶴原清志

  • Automatic Running and Walking Recording System,The Fifth Asian Conference on Information System,2016年11月,Izumi YOSHII,Yukie MAJIMA

  • 大学・実業団陸上競技選手のスポーツサングラスの使用実態,愛知工業大学研究報告,2015年03月,吉井泉、石垣尚男、河村剛光

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 健康・スポーツ科学概論

  • 健康・スポーツ科学演習I

  • 健康・スポーツ科学演習I

  • 健康・スポーツ科学演習I

  • 健康・スポーツ科学演習I

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,公益財団法人スペシャルオリンピックス日本,理事(地区担当)

  • 2018年度,一般社団法人日本スポーツビジョン協会,副代表

  • 2018年度,スペシャルオリンピックス日本・和歌山,副会長

  • 2014年度,特定非営利活動法人 大学コンソーシアム大阪,「大阪ヘルスジャンボリー」イベント運営

  • 2014年度,特定非営利活動法人 大学コンソーシアム大阪,「大学連携による食と運動・健康フェスタ」イベント運営

全件表示 >>

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 健康・スポーツ・栄養

    タイトル : あなたの眼は大丈夫? -視力矯正のポイント-

    概要 : 最近の調査報告では、中学生、高校生の約半数が視力1.0以下であるといわれています。 しかし、メガネやコンタクトレンズの選び方や使用方法が正しく理解されていないことも多いようです。 本講義では、人間のものを見るメカニズム、視力低下の原因、メガネやコンタクトレンズ選びのポイントや その注意点などについて具体的に解説します。

    キーワード : 視力矯正、メガネ、コンタクトレンズ、レーシック

  • 分野1 : 健康・スポーツ・栄養

    タイトル : スポーツビジョンって何だ?

    概要 : 人間の行動やスポーツにおいて「視る」ことは非常に重要な役割を果たしています。この分野の研究を「スポーツビジョン(スポーツ視覚学)」といい、人間の行動を分析する新たなアプローチのひとつです。本講義では日常生活場面での行動や動作、またスポーツにおけるプレーなどと視機能との関連について、具体的事例をまじえながら解説します。

    キーワード : スポーツビジョン, スポーツ視覚学, 動体視力

  • 分野1 : 健康・スポーツ・栄養

    タイトル : 眼をトレーニングしよう!

    概要 : 人間の行動には「視機能」が大きく関与しています。この視機能には「視力(静止視力)」以外に、「動体視力」「眼球運動」「有効視野」「瞬間視」などがあり、これらが相互補完的に働いています。視機能は20歳頃までが成長過程で、その後加齢とともに徐々に低下することが明らかになっています。本講義では視機能の測定や分析に加えて、日常でも実践可能なトレーニング方法を紹介します。

    キーワード : ビジュアルトレーニング, スポーツビジョン, 動体視力

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2012年度,体験参加型講座,視機能から考える健康づくり

  • 2012年度,大阪府立大学中学生サマーセミナー,スポーツを支えるからだの機能の秘密を探ろう -スポーツビジョンからみたスポーツの魅力

  • 2011年度,大阪府立大学中学生サマーセミナー,スポーツを支えるからだの機能の秘密を探ろう -スポーツビジョンからみたスポーツの魅力

  • 2011年度,大阪府立大学体験参加型講座,視機能から考える健康づくり

  • 2010年度,大阪府立大学中学生サマーセミナー,スポーツを支えるからだの機能の秘密を探ろう -スポーツビジョンからみたスポーツの魅力

全件表示 >>