基本情報

写真a

成澤 雅紀

Narisawa Masaki

ナリサワ マサキ


所属組織

物質化学系

職名

准教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 無機工業材料

  • 無機材料・物性

  • 高分子・繊維材料

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • シリコーン樹脂からの各種シリコンオキシカーバイド材料の合成

  • 有機金属高分子のセラミックス化過程

  • 耐環境性繊維・コーティング材の開発

  • 高温化学反応の熱力学的解析

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 炭素材料学会

  • 無機高分子研究会

  • 高分子学会

  • 日本セラミックス協会

  • 日本金属学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 低炭素Si-O-C(-H)セラミックスの発光特性,工業製品技術協会,2012年12月,共著,成澤雅紀,河相武利,渡瀬星司,松川公洋,岩瀬彰利

  • 熱力学-基礎と演習-(分担),朝倉書店,2010年03月,共著,山下弘巳,杉村博之,町田正人,森口勇,田邉秀二,成澤雅紀,齊藤丈靖,古南博,森浩亮,亀川孝

  • SiC系セラミック新材料 最近の展開(分担),内田老鶴圃,2001年02月,共著,岡村清人・成澤 雅紀

  • Fine Ceramic Fibers(分担),Marcell Dekker, Inc., New York,1999年12月,共著,Masaki Narisawa, Toshio Shimoo, Kiyohito Okamura, Masaki Sugimoto and Tadao Seguchi

論文 【 表示 / 非表示

  • High-Temperature Creep Behavior of a SiOC Glass Ceramic Free of Segregated Carbon,Journal of the European Ceramic Society,2016年,C. Stabler, F. Roth, M. Narisawa, D. Schliephake, M. Heilmaier, S. Lauterbach, H.-J. Kleebe, R. Riedel, E. Ionescu

  • Synthesis and characterization of the First Transparent Silicon Oxycarbide Aerogel Obtained through H2 Decarbonization,Journal of Materials Chemistry A,2015年11月,S. Dir`e, E. Borovin, M. Narisawa and G. D. Sorar`u

  • In-Situ Monitoring of Ion-Beam Luminescence of Si–O–C(–H) Ceramics under Proton-Beam Irradiation,Journal of the Ceramic Society of Japan,2015年09月, M. Narisawa, M. Koka, A. Takeyama, M. Sugimoto, A. Idesaki, T. Satoh, H. Hokazono, T. Kawai and A. Iwase

  • Effects of Atmospheric Composition on the Molecular Structure of Synthesized Silicon Oxycarbides,Journal of the American Ceramic Society,2015年06月,M. Narisawa, F. Funabiki, A. Iwase, F. Wakai, H. Hosono

  • Evaluation of high temperature resistance of white Si–O–C(–H) ceramics,J. of Non-Cryst. Solids,2015年03月,M. Narisawa, K.Terauds, G. Ma, H. Hokazono, R. Raj, A. Iwase

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • プロセス反応学特論

  • 材料プロセス

  • 無機化学序論

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,2004,日本学術振興会高温セラミック材料第124委員会

  • 2017年度,2004,日本学術振興会高温セラミック材料第124委員会

  • 2016年度,2004,日本学術振興会高温セラミック材料第124委員会

  • 2015年度,2004,日本学術振興会高温セラミック材料第124委員会

  • 2014年度,2004,日本学術振興会高温セラミック材料第124委員会

全件表示 >>

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 電気・電子・マテリアル

    タイトル : シリコーンレジンの由来と発展、無機材料に向けての将来展望 有機無機ハイブリッドの源流

    概要 : シリカサンドのアーク還元によって得られる金属シリコンを出発点として合成されるシリコーン樹脂の製造法について、歴史的な観点から解説を加え、他のプラスチック材料と比べた場合の特異な熱的性質、分解過程、各種用途について、解説を行う。1980年代以降に開発された新規なシリコーン樹脂からのセラミックス材料合成を目指す内外における様々な研究、発展について紹介を行う。設備によっては様々な有機金属高分子から合成される各種耐熱性繊維に関して、酸素ーガスバーナーを使用して性能を比較し、耐熱機構の説明を行うようなデモンストレー

    キーワード : シリコーンレジン, 耐熱性, 分解機構, 複合材料

  • 分野1 : 電気・電子・マテリアル

    タイトル : 細線耐熱性の機構を観察をしてみようーポリマー・金属・セラミックスー

    概要 : 針金、炭素繊維など、さまざまな細線を酸素ガス炎で加熱し、それぞれの違いについて講義、体感してもらう。