基本情報

写真a

松原 浩

Matsubara Hiroshi

マツバラ ヒロシ


所属組織

高等教育推進部門

職名

教授

ホームページ

http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~matsu/

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 高等教育推進機構

  • 理学系研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)フッ素で高度に置換された有機物は通常の有機溶媒や水には溶解せず、別の相(フルオラス相)を形成することが知られている。フルオラス性を利用した新たな反応系や触媒、反応剤の開発を行っている。

    (キーワード) フルオラス,グリーンケミストリー,フッ素,新規反応系

  • (概要)非経験的分子鼓動計算や密度汎関数法などの計算化学的手法を用いて、ラジカル反応の解析を行っている。

    (キーワード) 計算化学,分子軌道法,ラジカル反応

  • (概要)分子状臭素(Br2)に代わる安定な臭素化剤の開発を行っている。

    (キーワード) 臭素,ヨウ素,フッ素,新規化合物

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,大阪大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 近畿化学協会

  • 有機合成化学協会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • フルオラス化合物の特徴を活用した有機合成

  • 有機二次電池正極活物質の開発

  • 計算化学を利用した反応機構解明

著書 【 表示 / 非表示

  • Sustainable Organic Synthesis,Royal Society of Chemistry,2022年01月,共著,Hiroshi Matsubara, Takuji Kawamoto, Ilhyong Ryu

  • Reactions in Fluorous Solvents, Encyclopedia of Physical Organic Chemistry,Wiley,2017年,共著,Wang, Z.; Wille, U.; Juaristi, E. et al.

  • 新しい溶媒を用いた有機合成,S&T出版,2013年02月,共著,碇屋 隆雄,伊藤 敏幸 他

  • Fluorous Organic Hybrid Solvents for Non-Fluorous Organic Synthesis, ,2012年02月,共著,Matsubara, H.; Ryu, I.

  • Handbook of Reagents for Organic Synthesis, Fluorine-Containing Reagents,Wiley,2007年09月,共著,H. Matsubara, I. Ryu

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Borane evolution and its application to organic synthesis using the phase-vanishing method,Tetrahedron Letters,2021年04月,Soga, N.; Yoshiki, T.; Sato, A.; Kawamoto, T.; Ryu, I.; Matsubara,

  • A computational study of site-selective hydrogen abstraction by sulfate radical anion,Org. Biomol. Chem.,2021年,Ueda, M.; Kitano, A.; Matsubara, H

  • New approach to prepare fluorogenic branched dextrins for assaying glycogen debranching enzyme,Glycoconjugate Journal,2020年11月,Miyu Sakaguchi, Yasuyuki Makino, Hiroshi Matsubara

  • Hydrodecyanation of Secondary Alkyl Nitriles and Malononitriles to Alkanes using DiMeImd-BH3,J. Org. Chem,2020年05月,Kawamoto, T.; Oritani, K.; Kawabata, A.; Morioka, T.; Matsubara, H.; Kamimura, A.

  • The regioselective trifluoromethylation of 1,3-bis(vinyl triflates) in the absence of external trifluoromethyl sources,J. Fluorine Chem.,2019年06月,T.Kawamoto, R. Sasaki, A. Kamimura, H. Matsubara

全件表示 >>

他研究活動(総説等)情報 【 表示 / 非表示

  • フルオラス溶媒の特徴とその利用,化学と教育,2021年04月,松原 浩

  • 第二世代フェイズ・バニシング法,有機合成化学協会誌,2019年06月,松原 浩

  • Applications of Radical Carbonylation and Amine Addition Chemistry: 1,4-Hydrogen Transfer of 1-Hydroxylallyl Radicals,Acc. Chem. Res.,2018年09月,Matsubara, H.; Kawamoto, T.; Fukuyama, T.; Ryu, I.

  • ベンゾキノン系有機正極活物質を用いたリチウムイオン二次電池の開発,月刊ファインケミカル,2018年08月,松原 浩

  • アシルラジカルの計算化学による反応性解析,有機合成化学協会誌,2014年09月,松原 浩

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • 新規塩素・ヨウ素錯体DICIの合成と性質,日本化学会第102春季年会,2022年03月,川端俊輝・高宮裕樹・松原 浩

  • 新規臭素・ヨウ素錯体DIBIの合成と反応性,日本化学会第102春季年会,2022年03月,西台悠二・高宮裕樹・松原 浩

  • ペルフルオロカーボンの疎有機性と大きな密度を利用した有機合成手法,2021ハロゲン利用ミニシンポジウム,2021年11月,松原 浩

  • 新規臭素・ヨウ素錯体DIBIの合成と性質,2021ハロゲン利用ミニシンポジウム,2021年11月,西台悠二・高宮裕樹・松原 浩

  • オキシラジカルによる水素引き抜き反応の計算化学的考察,日本化学会第101春季年会,2021年03月, 上田将大・北野敦暉・松原 浩

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 化学実験

  • 化学実験

  • 化学実験

  • 化学A

  • 有機化学特論

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 液体のテフロン

    概要 : 水にも有機溶媒にも溶けない不思議な液体、フルオロカーボンを利用した新しい化学反応について紹介します。