基本情報

写真a

塩崎 修志

SHIOZAKI SHUJI

シオザキ シュウジ


所属組織

応用生命系

職名

准教授

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 園芸学・造園学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生理活性物質を活用したブドウの着色促進技術の開発

  • 緑の香りを利用したブドウの機能性成分の制御

  • 野生ブドウの機能性成分評価

  • 野生ブドウを母本としたワイン用品種の育成

  • 野生ブドウを原料としたワインの醸造

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 園芸学会

  • 植物化学調節学会

  • 日本ブドウワイン学会

  • 米国ブドウワイン学会

  • 日本生薬学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Productivity of stilbene compounds by wild grapes native to East Asia: Vitis Davidii, Vitis Kiusiana, Vitis Ficifolia var. lobata, and Vitis ficifolia var. Ganebu,NOVA publishers,2014年08月,共著,Shuji Shiozaki, Taiji Nakamura and Tsuneo Ogata

論文 【 表示 / 非表示

  • Aminoethoxyvinylglycine combined with indole-3-butyric acid stimulates adventitious root formation of Vitis kiusiana softwood cuttings,J. ASEV Jpn,2020年06月,Shuji Shiozaki,Kenta Murai, Tatsuya Higuchi

  • Storage of plug seedling of tomato under limited fertilization, and growth, flowering and yield after planting.,The Journal of Horticultural Science and Biotechnology,2018年03月,H.Tanaka,K. Murai,T. Nakanishi,T. Tezuka, S. Shiozaki, M. Oda

  • Flavonoid profiles of wild grapes native to Japan: Vitis coignetiae Pulliat and Vitis ficifolia Bunge var. ganebu Hatusima.,Agricultural Sciences,2017年03月,Shuji Shiozaki, Kazuhiro Murakami

  • Lipids in the seeds of wild grapes native to Japan: Vitis coignetiae andVitis ficifolia var. ganebu,Scientia Horticulturae,2016年03月,Shuji Shiozaki, Kazunori Murakami

  • Green leaf volatiles affect the resveratrol production stimulated by ultraviolet C irradiation in grape leaf discs,Vitis,2014年08月,Ikuyo Komai, Kumiko Boushita, Shuji Shiozaki

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • バイオテクノロジー基礎実験

  • 初年次ゼミナール【フルーツに何を求めますか?】

  • 園芸生産学

  • 植物バイオサイエンスへの招待

  • 植物バイオサイエンスフィールド実習A

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 食品・農業・水産

    タイトル : 世界のブドウとワイン

    概要 : ワイン用品種の特徴,世界のワインの種類,ワイン研究の最前線について講義します。

  • 分野1 : 食品・農業・水産

    分野2 : 動物・植物・バイオ

    タイトル : 果物の秘密 樹になる果物のルーツと生体調節機能

    概要 : 日頃何気なく食べている果物,特に木になる果物について人類による利用,発展の歴史を説明し,最近注目されている果実に含まれる健康増進に関わる生体調節機能成分の種類や役割について概説する.

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2015年度,河内長野市民大学 大阪府立大学連携講座 現代の食を考える,果物の秘密 樹になるくだもののルーツと生体調節機能

  • 2014年度,美しい町づくりセミナー,農業の雇用促進にむけた農産物の高付加価値化

  • 2012年度,竹内街道ワインクラブ,竹内街道ワインクラブ 技術指導と講演

  • 2011年度,大阪シニア自然大学校セミナー,果樹の多様性と生活のかかわり

  • 2010年度,ちょっと寄って講座「府民健康づくり支援セミナー」,果物の秘密 案外知られていない果物のおいしさと健康機能

全件表示 >>