基本情報

写真a

竹中 規訓

Takenaka Norimichi

タケナカ ノリミチ


所属組織

現代システム科学系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://www.ess.osakafu-u.ac.jp/envi/takenaka/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 現代システム科学域

  • 人間社会システム科学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 化学発光法による CODの連続測定法の開発

  • 非食用種子のカスケード利用技術の開発

  • 化学発光法による水中微量物質の測定法の開発

  • 木材粉による大気汚染物質除去

  • 石油代替エネルギーの新規合成法の開発

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • エタノール濃縮

  • バイオディーゼル燃料を用いたときの環境改善効果の評価

  • 乾燥の化学と環境への影響解明

  • 亜硝酸ガスの人体に及ぼす影響の疫学調査

  • 凍結による化学反応促進機構の解明

全件表示 >>

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) バイオディーゼル燃料,ディーゼル燃料,排ガス,窒素酸化物,粒子状物質

  • (概要)凍結により促進する反応の促進機構を解明し,反応速度を予測する理論の構築

    (キーワード) 凍結濃縮,凍結電位,雪,雨,土壌

  • (概要)雨,雪,露,霜,底質中の多環芳香族炭化水素の測定と反応

    (キーワード) 多環芳香族炭化水素,光化学,粒子状物質,発ガン性,雪

  • (キーワード) 亜硝酸,オゾン,喘息,不均一反応

  • (概要)大気中のアンモニア,アルコール,亜硝酸などの新規測定法の開発

    (キーワード) アンモニア,亜硝酸,二酸化窒素,大気汚染

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 大気環境学会

  • 日本分析化学会

  • 日本雪氷学会

  • 富士山高所科学研究会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大気環境学会学術賞,2018年09月,大気環境学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • エアロゾルの組成制御

  • エタノール濃縮

  • バイオディーゼル燃料の大気汚染削減効果の評価

  • 凍結による反応促進法

  • 大気中亜硝酸の人体影響

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 低温環境の科学事典,朝倉書店,2016年07月,共著,竹中 規訓

  • Recent Development of Chemistry and Photochemistry in Ice,Transworld Research Network,2008年12月,共著,Norimichi Takenaka

論文 【 表示 / 非表示

  • Improving continuous chemiluminescence determination method of formaldehyde in the atmosphere: reducing interference of acetaldehyde and others by using iodoform reaction,Intl. J. Environ. Anal. Chem.,2019年,B. C. Nguyen, M. Hori, Y. Fujii, D. H. Huy, T. T. Hien and N. Takenaka

  • Association between indoor nitrous acid, outdoor nitrogen dioxide, and asthma attacks: Results of a pilot study,Int. J. Environ. Health Res.,2018年12月,M. Ohyama, T. Nakajima, C. Minejima, K. Azuma, K. Oka, Y. Itano, S. Shouitiro and N. Takenaka

  • Screening of Fatty Acids, Saccharides, and Phytochemicals in Jatropha curcas Seed Kernel as Their Trimethylsilyl Derivatives Using Gas Chromatography/Mass Spectrometry,J. Chromat. B,2018年12月,T. T. Hoa, L. A. Bang, L. T. N. Hanh, K. Okitsu, K. Imamura, N. Takenaka, L. V. Boi, Y. Maeda

  • Ultrasound-assisted extraction of sucrose, glucose, and fructose from roselle seeds,Jpn. J. Appl. Phys.,2018年12月,B. A. Le, A. Yagura, K. Okitsu, K. Imamura, N. Takenaka and Y. Maeda

  • Effects of nitrous acid exposure on baseline pulmonary resistance and Muc5ac in rats,Inhal. Toxicol.,2018年07月,M. Ohyama, I. Horie, Y. Isohama, K. Azuma, S. Adachi, C. Minejima and N. Takenaka

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 国際環境活動特別演習

  • 地球環境の化学

  • 地球環境学

  • 大気・海洋環境学

  • 環境アセスメント学I

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,和歌山県,環境影響評価委員

  • 2019年度,和泉市,和泉市環境審議会委員

  • 2019年度,大阪府,大阪府立環境農林水産総合研究所評価委員

  • 2019年度,岸和田市,岸和田市環境審議会委員

  • 2019年度,泉大津市,泉大津市環境パートナーシップ会議委員

全件表示 >>

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 環境・エネルギー

    分野2 : その他

    タイトル : 南極の生活と科学

    概要 : 厳しい環境と考えられている南極において夏期に生活してきた体験について説明する。食事、生活など日本での生活とどのように違いどのようにしているのか、実際に生活してきた体験談を講義する。また、世界で最もきれいな環境である南極で起こる不思議な現象をきれいな画像を示しながら科学的に説明する。

    キーワード : 南極の生活、南極の科学

  • 分野1 : 環境・エネルギー

    分野2 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 地球環境の化学 物質循環と環境汚染物質

    概要 : 地球環境では物質は常に動いており,地球内で循環している.その中で一部の物質が汚染物質となり環境問題となっている.なぜ,環境を汚染するのか,なぜ問題となるのかを,物質循環の立場から講義する.また,毒についての講義を行ない,環境の汚染は,地球に対する毒であり,人体に対する毒と同じであると言う考えから環境問題の解決策についての指針を講義する.

    キーワード : 物質循環, 環境問題, 毒, 汚染物質

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2014年度,平成26年度「堺市学校事務職員研修(第2回)」,最近の環境問題の科学ー地球温暖化とPM2.5 -

  • 2014年度,未来の博士育成ラボ講義,水と氷のいろいろな話

  • 2013年度,特別講義,大阪府立大学大阪高専特別講義

  • 2012年度,模擬授業,私立東山高等学校「大学見学」

  • 2011年度,出前講義,地球環境の化学 物質循環と環境汚染物質

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 竹中規訓、野呂和嗣,,ガス濃度測定装置およびガス濃度測定方法

  • 竹中規訓、前田泰昭、Do Thi Kim Hue,,化学発光式COD測定装置および測定方法

  • 辻野 喜夫、森村 潔、西村 貴司、小河 宏、竹中 規訓、松原 裕樹、伊村 永夫,,窒素酸化物含有空気の浄化方法及び浄化装置

  • 前田泰昭、坂東博、竹中規訓、定永靖宗、興津健二,,脂肪酸アルキルエステルの製造方法および製造システム