基本情報

写真a

向本 雅郁

Mukamoto Masafumi

ムカモト マサフミ


所属組織

獣医系

職名

教授

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 獣医感染症学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 壊死性腸炎の発病機序に関する研究

  • 家畜伝染病に関する研究

  • 抗微生物製剤の評価に関する研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)ガス壊疽菌の主要な病原因子の作用機序の解明

    (キーワード) ガス壊疽,ガス壊疽菌,毒素,病原因子

    (関連する産業分野)13

  • (概要)壊死性腸炎起因菌の病原因子に関する研究

    (キーワード) 壊死性腸炎,細菌,病原因子

    (関連する産業分野)13

  • (概要)抗微生物薬の評価

    (キーワード) ウイルス,細菌,抗菌作用

    (関連する産業分野)13

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会

  • 日本ウイルス学会

  • 獣医免疫研究会

  • 日本細菌学会

  • 毒素シンポジウム

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 抗微生物薬の評価

  • 生物学的製剤の開発

  • 病原微生物の検出系の開発

著書 【 表示 / 非表示

  • コアカリ 動物衛生学,文永堂出版,2015年02月,共著,末吉益雄、高井伸二、永幡肇ら

  • 微生物胞子,サイエンスフォーラム,2011年05月,共著,向本 雅郁

  • 医学細菌学,南江堂,2008年07月,共著, 

  • 職種別研修テキスト 食鳥処理加工,財団法人国際研修協力機構,2008年03月,共著, 

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of tryptophan-rich region in Clostridium septicum alpha-toxin involved with binding to GPI-anchored proteins.,Micribiol. Immunol.,2013年03月,Mukamoto, M, Kimura, R, Hang'ombe, BM, Kohda, T, Kozaki, S

  • Production of a neutralizing mouse-human chimeric antibody against botulinum neurotoxin serotype E.,Jpn. J. Infect. Dis.,2013年01月,Mukmaoto, M, Maeda,H, Kohda, T, Nozaki, C, Takahashi, M, Kozaki, S

  • Characterization of neutralizing mouse-human chimeric and shuffling antibodies against botulinum neurotoxin A.,Microbiol. Immunol.,2012年10月,Mukamoto, M., Maeda, H., Kohda, T., Nozaki, C., Takahashi, M., Kozaki, S.

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 先端獣医学研究法特別演習

  • 先端獣医学研究法特別演習

  • 先端獣医学研究法特別演習

  • 動物構造機能学特別演習A

  • 動物構造機能学特別演習B

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2013年度,兵庫県健康づくり審議会専門委員(感染症対策専門員会),委員

  • 2013年度,関西広域防災計画策定委員会鳥インフルエンザ・口蹄疫等対策専門部会,委員

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2013年度,全国大学保健管理協会近畿地方部会 第21回阪奈和地区保健師・看護師班研修会,インフルエンザの流行と対策

  • 2013年度,平成25年度 岡山県養鶏講演会,低病原性鳥インフルエンザの最新情報とその防疫対策

  • 2012年度,食鳥処理衛生管理者資格取得登録講習会,家禽疾病