基本情報

写真a

青野 靖之

Aono Yasuyuki

アオノ ヤスユキ


所属組織

緑地環境系

職名

准教授

ホームページ

http://atmenv.envi.osakafu-u.ac.jp/aono/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 気象・海洋物理・陸水学

  • 環境・生態

  • 地理学

  • 農業環境工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 文献史料における植物季節および天気に関する記録を用いた古気候復元

  • 温帯落葉樹の開花時期計算モデルの開発

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 古気候,史料・古記録,植物季節

  • (概要)落葉植物の開花時期計算モデルの開発,ならびにそれを応用した気候影響評価・古気候復元

    (キーワード) 開花予想,サクラ,落葉果樹

    (関連する産業分野)1 農業,98 地方公務

  • (概要)人間に対する都市熱環境の評価法に関する研究

    (キーワード) 都市熱環境,温冷感,体感温度

    (関連する産業分野)9 総合工事業,98 地方公務

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本農業気象学会

  • 日本地理学会

  • 日本気象学会

  • 日本時間学会

  • 日本地球惑星科学連合

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本農業気象学会学術賞,2016年03月,日本農業気象学会

  • 日本農業気象学会論文賞,2016年03月,日本農業気象学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 落葉植物の開花時期計算モデルの開発

  • 文献史料における植物季節および天気の記録を用いた気候復元

著書 【 表示 / 非表示

  • 里山・里海:日本の社会生態学的生産ランドスケープ-西日本の経験と教訓-,国際連合大学,2010年12月,共著,日本の里山・里海評価-西日本クラスタ-

  • 農学から地域環境を考える,大阪公立大学共同出版会,2003年08月,共著,地域環境を考える会

  • 農学・生態学のための気象環境学,丸善,1997年08月,共著,青野靖之,北宅善昭,清田信,桜谷哲夫,高見晋一,鱧谷憲,平野高司,堀江武,文字信貴

論文 【 表示 / 非表示

  • Searching for the 27-day solar rotational cycle in lightning events recorded in old diaries in Kyoto from the 17th to 18th century,Annales Geophysicae,2017年11月,Hiroko MIYAHARA, Yasuyuki AONO, Ryuho KATAOKA

  • 自発休眠期の気温を考慮したソメイヨシノの開花日の簡便な推定法,生物と気象,2017年04月,青野靖之,村上なつき

  • Direct observations of ice seasonality reveal changes in climate over the past 320-570 years,Scientific Reports,2016年04月,Sapna SHARMA, John J. MAGNUSON, Ryan D. BATT, Luke A. WINSLOW, Johanna KORHONEN, Yasuyuki AONO

  • Global impacts of the 1980s regime shift,Global Change Biology,2016年02月,Philip C. REID, Renata E. HARI, Gregory BEAUGRAND, David M. LIVINGSTONE, Christoph MARTY, Dietmar STRAILE, Jonathan BARICHIVICH, Eric GOBERVILLE, Rita ADRIAN, Yasuyuki AONO, Ross BROWN, James FOSTER, Pavel GROISMAN, Pierre HÉLAOUËT, Huang-Hsiung HSU, Richard KIRBY, Jeff KNIGHT, Alexandra KRABERG, Jianping LI, Tzu-ting LO, Ranga B. MYNENI, Ryan P. NORTH, J. Alan POUNDS, Tim SPARKS, Rene STÜBI, Yongjun TIAN, Karen H. WILTSHIRE, Dong XIAO and Zaichun ZHU

  • Cherry blossom phenological data since the seventeenth century for Edo (Tokyo), Japan, and their application to estimation of March temperatures,International Journal of Biometeorology,2015年04月,Yasuyuki AONO

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 地球環境科学概論

  • 地理情報計測学実習

  • 植物応答計測学

  • 生態気象学特論

  • 生態環境計測学

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2004年度,環境技術実証モデル事業 大阪府技術実証委員会,委員

  • 2001年度,堺市教育委員会,堺市環境教育企画推進委員

  • 2000年度,堺市教育委員会,堺市環境教育企画推進委員

  • 1999年度,堺市教育委員会,堺市環境教育企画推進委員

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 環境・エネルギー

    タイトル : 気候変化と植物

    概要 : 植物の生育に関するデータからわかってきた過去1000年の長期的な気候変動の推移を紹介し、気候変動のメカニズムを解説。また、気候変動が生じた場合の植物などへの具体的な影響についても解説する。

    キーワード : 気候変動,植物,古気候,太陽活動

  • 分野1 : 環境・エネルギー

    分野2 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 都市化のもたらす気候変化

    概要 : 都市温暖化・ヒートアイランド発生のメカニズムを分かりやすく解説、また、意外に見落とされがちな人間の温冷感(体感温度)にもたらす影響についても明らかにし、都市の暑熱環境の緩和について考えていく。

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,大阪府・大阪府立大学・大阪府立環境農林水産総合研究所連携セミナー,植物季節現象にいにしえの気候変動を訊ねる

  • 2015年度,奈良県立平城高校 大学出張授業,気候変化と植物(大阪府立大学出前講義)

  • 2015年度,河内長野市市民大学くろまろ塾 大阪府立大学連携講座,環境を考えるII 都市化のもたらす気候変化(大阪府立大学出前講義)

  • 2013年度,吹田市立消費生活センター 暮らしのセミナー,最近の異常気象はなぜおこるのか? -都市温暖化・ヒートアイランドのメカニズム- (大阪府立大学出前講義)

  • 2007年度,日本高山植物保護協会関西支部15周年記念講演会,気候変化と植物(大阪府立大学出前講義)

全件表示 >>