基本情報

写真a

小森 雅之

Komori Masayuki

コモリ マサユキ


所属組織

獣医系

職名

教授

ホームページ

http://www.bioenv.osakafu-u.ac.jp/grad/vet/vet_staff_kozokino2.html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 獣医学

  • 細胞生物学

  • 分子生物学

  • 機能生物化学

  • 構造生物化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ヒトを含めた高等動物の薬物代謝酵素シトクロムP450の構造機能相関

  • 真核生物におけるペルオキシソームの恒常性維持の分子機構

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)メタノール資化酵母をモデル生物として真核生物におけるペルオキシソームの恒常性維持の分子機構について研究している。本酵母のペルオキシソームの形成および選択的分解に関与する新規遺伝子を同定し、その遺伝子産物の機能解析を行っている。また、ヒトにおけるホモログ遺伝子の解析およびペルオキシソーム欠損症との関連について、さらに、異種生物の有用タンパク質の大量発現系として本酵母の利用なども検討している。

    (キーワード) メタノール資化酵母,ペルオキシソーム,膜タンパク質

    (関連する産業分野)34. 製造業(医薬品・食品)

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • メタノール資化酵母を利用した有用タンパク質の大量生産

論文 【 表示 / 非表示

  • Alternations of phospholipid profile in placenta of streptozotocin-induced diabetic rat.,Congenit Anom,2011年,Hasegawa, M, Tanaka, K, Komori, M, and Takenaka, S.

  • ER-resident Gi2 protein controls Sar1 translocation onto the ER during budding of transport vesicles.,J. Cell Biochem.,2011年,Nakagawa, H, Umadome, H, Miyazaki, S, Tanaka, K, Nishimura, K, Komori, M, and Matsuo, S.

  • H89 sensitive kinase regulates the translocation of Sar1 onto the ER membrane through phosphorylation of ER-coupled β-tubulin.,Int. J. Biochem. Cell Biol.,2011年,Nakagawa H, Miyazaki S, Abe T, Umadome H, Tanaka K, Nishimura K, Komori M, and Matsuo S.

  • Spectral modification and catalytic inhibition of human cytochromes P450 1A1, 1A2, 1B1, 2A6 and 2A13 by four chemopreventive organoselenium compounds.,Chem. Res. Toxicol.,2011年,Shimada, T, Murayama, N, Tanaka, K, Takenaka, S, Guengerich, FP, Yamazaki, H, and Komori, M.

  • Multiple organelle-targeting signals in the N-terminal portion of peroxisomal membrane protein PMP70.,J. Biochem.,2010年,Iwashita S, Tsuchida M, Tsukuda M, Yamashita Y, Emi Y, Kida Y, Komori M, Kashiwayama Y, Imanaka T, Sakaguchi M.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 先端機器特別演習

  • 動物バイオテクノロジー特別講義

  • 応用動物科学A

  • 有機化学基礎

  • 獣医生化学実習

全件表示 >>