基本情報

写真a

加藤 幹男

Kato Mikio

カトウ ミキオ


所属組織

高等教育推進部門

職名

教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 高等教育推進機構

  • 理学系研究科・理学部

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • DNA高次構造と機能に関する研究

  • 放射線照射の生物影響評価

  • 生物の遺伝子解析

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 特殊高次構造,三重鎖DNA,電子顕微鏡,原子間力顕微鏡,クロマチン

  • (キーワード) 遺伝子解析,配列比較

  • (キーワード) 遺伝子解析,配列比較

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

  • 理学修士

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ベーシックマスター細胞生物学,オーム社,2009年08月,共著,加藤幹男

  • Gene Expression and Chromatin,Research Signpost,2006年12月,共著,Mikio Kato

  • ヒト染色体 -分子生物学から遺伝子医学へ-,共立出版,1996年11月,共著,加藤幹男

  • 臨床遺伝医学 III,診断と治療社,1993年01月,共著,加藤幹男

論文 【 表示 / 非表示

  • Descriptive analysis, DNA barcoding and condition index of Penaeids (Crustacea: Decapoda) from the Egyptian Mediterranean coast. ,Fisheries Research,2017年01月, Sharawy Z.Z., Abbas E.M., Khafage A.R., Galal-Khallaf A., Ismail R.F., Ahmed H.O., Mohammed-Geba K., Kato M.

  • Characterization of genes for histone H3, 18S rRNA, and cytochrome oxidase subunit I of East Asian mayflies (Ephemeroptera) ,DNA Barcodes,2016年04月,Kei Wakimura, Yasuhiro Takemon, Atsushi Takayanagi, Shin-ichi Ishiwata, Kozo Watanabe, Kazumi Tanida, Nobuyoshi Shimizu, and Mikio Kato

  • Behavior of a natural hammerhead ribozyme in aqueous solution at medium to high temperatures with high salt conditions.,Naturwissenschaften,2012年09月,Nizar El-Murr, Marie-Christine Maurel, Martina Rihova, Jacques Vergne, Guy Hervé, Mikio Kato, Kunio Kawamura

  • Real-time observation of Escherichia coli cells under irradiation with a 2-MeV H+ microbeam.,Applied Physics Letters,2012年05月,Mikio Kato, Walter Meissl, Kenji Umezawa, Tokihiro Ikeda, and Yasunori Yamazaki

  • 深泥池における外来魚駆除事業がブルーギル個体群の遺伝的多様性に及ぼす効果について:マイクロサテライト多型解析に基づく推定,応用生態工学,2010年06月,加藤幹男,真鍋由紀,四反田武志,安部倉完,竹門康弘,長澤哲也,谷田一三

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 生物学II

  • 生物学実験

  • 生物学実験

  • 生物学実験

  • 生物学実験

全件表示 >>