基本情報

写真a

宮本 健助

Miyamoto Kensuke

ミヤモト ケンスケ


所属組織

高等教育推進部門

職名

教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 高等教育推進機構

  • 理学系研究科・理学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 植物生理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 宇宙微小重力の高等植物の成長・発達に関する研究

  • 新規植物ホルモン類、ジャスモン酸類の生理作用発現機構に関する研究

  • 植物細胞の伸長成長制御機構の解析

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)高等植物の成長・発達に対する微小重力環境の影響に関する研究

    (キーワード) 微小重力,疑似微小重力,3次元クリノスタット

    (関連する産業分野)「1.農業」

  • (概要)植物ホルモン類、ジャスモン酸類の生理作用発現機構に関する研究

    (キーワード) ジャスモン酸,ジャスモン酸メチル,細胞成長阻害,老化促進,ガム物質形成誘導

    (関連する産業分野)「1.農業」

  • (概要)植物細胞成長制御機構の研究

    (キーワード) 細胞壁力学的性質,浸透調節,細胞壁多糖類,浸透物質,植物ホルモン

    (関連する産業分野)「1.農業」

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物生理学会

  • 日本植物学会

  • 日本宇宙生物科学会

  • 植物化学調節学会

  • 植物生理化学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 植物化学調節学会学会賞,2014年10月,植物化学調節学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 宇宙環境利用に関する基礎研究

  • 新規植物生理活性物質の探索

  • 植物ホルモン類の作用機構に関する研究

著書 【 表示 / 非表示

  • Bioactive compounds in agricultural soils, Chaper 8 Auxin, one major plant hormone in soil,Springer,2016年10月,共著,Ueda J., Saniewski, M., Miyamoto, K.

  • 絵とき 植物生理学入門 改訂3版,オーム社,2016年10月,共著,曽我康一、宮本健助、井上雅裕

  • 最新 植物生理化学 第3章 重力屈性・重力形態形成,大学教育出版,2011年10月,共著,宮本健助

  • 新しい植物科学-環境と食と農量の基礎 21章 植物の病気と防御,培風館,2010年07月,共著,宮本健助、上田純一

  • 「博士教えてください 植物の不思議」 ・植物の感覚と運動 ・ほとんどの植物の枝や茎は空に向かって成長しているのに、しだれ桜やヤナギの枝はどうして垂れているのでしょうか。,大学教育出版,2009年01月,共著,宮本健助

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Differential effects of N-1-naphtylphthalamic acid (NPA) and 2,3,5-triiodobenzoic acid (TIBA) on auxin control of swelling of the shoots of Bryophyllum calycinum Salisb.,Acta Agrobotanica,2017年09月,Saniewski M,Goraj-Koniarska J, Gabryszewska G, Miyamoto K., Ueda J.

  • Isolation and identification of polar auxin transport inhibitors from Saussurea costus and Atractylodes japonica ,Acta Agrobotanica,2017年09月,Toda Y, Shigemori H, Ueda J, Miyamoto K

  • A gravitropic stimulation-induced growth inhibitor, β-(isoxazolin-5-om-2yl)-alanine, is a possible mediator of negative gravitropic bending of epicotyls in etiolated Pisum sativum seedlings,Plant Growth Regulation,2017年03月,Hasegawa T, Omiya Y, Koide M, Shigemori H, Ueda J, Hasegawa K, Miyamoto K

  • Auxin effectively induces the formation of the secondary abscission zone in Bryophyllum calycinum Salisb,Acta Agrobotanica,2016年12月,Saniewski, M., Goraj-Koniarska, Gabryszewska E., Miyamoto, K., Ueda, J.

  • Analysis of apical hook formation in Alaska pea with a 3-D clinostat and agravitropic mutant ageotropum,Frontiers in Plant Science,2014年,Miyamoto, K., Yamasaki, T., Uheda, E. and Ueda, J

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 植物生理学特論

  • 植物生理活性物質特論

  • 生物と人間

  • 生物・化学入門

  • 生物学I

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 動物・植物・バイオ

    分野2 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 植物ホルモンの働き-特に新規植物ホルモン類のジャスモン酸類について

    概要 : 植物ホルモンの働き-特に新規植物ホルモン類のジャスモン酸類について

    キーワード : 植物ホルモン, ジャスモン酸類

  • 分野1 : 動物・植物・バイオ

    分野2 : 機械・海洋・船舶・航空・宇宙

    タイトル : 重さのない世界での植物の形づくり

    概要 : 私たちが普段目にしている生き物の形は、重さのある地球の上での生き物の形です。地球上では、植物の茎は上へと伸び、根は下へと伸びてゆくのが自然の姿です。それでは、地球を離れた宇宙、すなわち重さのない世界では一体、植物は上と下(重力方向に対して負の方向と正の方向)をどう感じているのでしょうか。STS-95(スペースシャトル)での宇宙植物実験の結果を交えて、植物の持つ重さに対する巧みな仕組みを紹介します。

    キーワード : 宇宙植物科学