基本情報

写真a

杉山 雅夫

Sugiyama Masao

スギヤマ マサオ


所属組織

高等教育推進部門

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 高等教育推進機構

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 文化研究

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日本における知の歴史

  • 個人間及び文化間コミュニケーション

  • 国家とアイデンティティ

  • 文化研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)コミュニケーション論

    (キーワード) 他者,自己,文化

  • (概要)文化形成とアイデンティティの問題

    (キーワード) 文化,アイデンティティ,日本

  • (概要)文化受容論

    (キーワード) 日本,西洋,知的歴史

  • (概要)江戸末期から明治時代、大正時代、戦後、現在における教養知の変化を歴史的に考察し、儒教から西洋思想、とりわけドイツ哲学の需要から、戦後の文学への傾向、更にデジタル社会への変容までを概観した。

    (キーワード) 教養,明治哲学,日本思想,文学,デジタル社会

    (関連する産業分野)教育,文化

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 会話とコミュニケーションの意味と実践

  • 文化とコミュニケーション

  • 文化的アイデンティティ

著書 【 表示 / 非表示

  • Herrschaft des Wortes und Wort der Herrschaft:Philologie und Politik bei Ogyu Sorai ,iudicium,2015年06月,共著,Heidi Buck-Albulet, Joachim Knape et al

  • Ostasienrezeption in der Nachgriegszeit - Kultur-revoltion-Vergangenheitsbewaertigung-Neuer Aufbruch,iudicum,2007年02月,共著, 

  • VUNW - Innovationen und Reproduktionen in Kulturen und Gesellschaften,INST,2006年12月,共著, 

  • Ethnorhetorik und Ethnohermeneutik Reihe Ethnohermeneutik und Ethnorhetorik Bd. 7 Mentalität. Konzept. Gender,Verl. Empirishe Paedagogik,2001年04月,共著, 

論文 【 表示 / 非表示

  • Der Impuls der Bildungsidee und die Entfremdung von eigener Denktradition - Ein Rückblick auf eine verlorene philosophische Kontinuität in Japan,大阪府立大学 人文学会,2017年04月,Sugiyama Masao

  • 教養としてのサブカルチャー デジタル時代におけるアイデンティティ形成,大阪府立大学紀要 人文社会科学,2017年04月,杉山雅夫

  • 教養知は消滅してしまったのかー文化的思考とデジタル社会,大阪府立大学紀要(人文・社会科学),2016年03月,杉山雅夫

  • 知の普遍性と限界 -明治期における西洋知の受容と伝統知,大阪府立大学紀要 人文・社会科学,2015年03月,杉山雅夫

  • 文学者はなぜ消えたのか ‐「文学」、教養、国家アイデンティティの関係,大阪府立大学紀要(人文・社会科学),2014年03月,杉山雅夫

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • アイデンティティと文化

  • コミュニケーションの諸相と文化

  • コミュニケーションの諸相と文化

  • ゼミナール 文化・交流・歴史【ゼミナール 文化・交流・歴史(アイデンティティと文化)】

  • ゼミナール 文化・交流・歴史【ゼミナール 文化・交流・歴史(コミュニケーションの諸相と文化】

全件表示 >>