基本情報

写真a

宮脇 幸生

Miyawaki Yukio

ミヤワキ ユキオ


所属組織

現代システム科学系

職名

教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 現代システム科学域

  • 人間社会システム科学研究科・人間社会学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学・比較社会学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ウェイト川周辺におけるプランテーション開発とその影響

  • 女子割礼/女性性器切除(FC/FGM)の廃絶運動と、地域住民への影響

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)ウェイト川におけるプランテーション開発とその影響

    (キーワード) 開発,プランテーション,牧畜民,エチオピア

  • (概要)女子割礼・女性性器切除廃絶運動とその影響

    (キーワード) 女子割礼,女性性器切除,FGM,エチオピア

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(人間・環境学)

  • 文学修士

  • 文学学士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本アフリカ学会

  • 日本ナイルエチオピア学会

  • 日本文化人類学会

  • 日本社会学会

  • 環境社会学会

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 講座 世界の先住民族 ファースト・ピープルズの現在 05 サハラ以南アフリカ,明石書店,2008年03月,共著,綾部恒雄、福井勝義、竹沢尚一郎、宮脇幸生他

  • ジェンダー人類学を読む,世界思想社,2007年03月,共著,中谷文美,速水洋子,八木佑子,中山紀子,宇田川妙子,杉山佑子,倉光ミナ子,窪田幸子,谷口佳子,小ヶ谷千穂,宮脇幸生,川

  • The Perils of Face: Essays on cultural contact, respect and self-esteeem in southern Ethiopia,Mainzer Beitrage zur Afrika-Forschung,2006年04月,共著,Ivo Strecker, Jean Lydall and others

  • 辺境の想像力-エチオピア国家に抗する少数民族ホール,世界思想社,2006年02月,単著,宮脇幸生

  • 社会化される生態資源 エチオピア 絶え間なき再生,京都大学学術出版会,2005年04月,共著,福井勝義,宮脇幸生,松田凡,藤本武,増田研,石原美奈子,松村圭一郎,佐藤廉也,田川玄

論文 【 表示 / 非表示

  • プランテーション空間と農牧民の生存戦術-エチオピア西南部低地プランテーション周辺に集まる農牧民世帯の分析を通して,人間科学(大阪府立大学紀要),2012年, 

  • 開発と抵抗-エチオピア西南部におけるプランテーション開発と現地住民の生存戦術-,人間科学(大阪府立大学紀要),2011年, 

  • Constructing a New Imagined Space: Idioms of Alien Cultures in the Ayana Possession Cults of the Hor in South Omo,Nilo-Ethiopian Studies,2009年03月,Yukio Miyawaki

  • 敵の血は甘い-エチオピア西南部クシ系農牧民ホールの戦いのイデオロギー,アフリカ研究,2005年04月,宮脇 幸生

  • 象牙と首長-19世紀のホール社会とソマリ長距離交易の影響-,大阪府立大学紀要 人文・社会科学,2005年04月,宮脇 幸生

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業論文

  • 文化と共生

  • 比較社会学特論B

  • 比較社会学研究A

  • 比較社会学研究B

全件表示 >>