基本情報

写真a

宮脇 幸生

Miyawaki Yukio

ミヤワキ ユキオ


所属組織

現代システム科学系

職名

教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 現代システム科学域

  • 人間社会システム科学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学・比較社会学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • エチオピアにおける経済開発と地域社会の変容

  • 女子割礼/女性性器切除(FC/FGM)の廃絶運動と、地域住民への影響

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)ウェイト川におけるプランテーション開発とその影響

    (キーワード) 開発,プランテーション,牧畜民,エチオピア

  • (概要)女子割礼・女性性器切除廃絶運動とその影響

    (キーワード) 女子割礼,女性性器切除,FGM,エチオピア

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(人間・環境学)

  • 文学修士

  • 文学学士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本アフリカ学会

  • 日本ナイルエチオピア学会

  • 日本文化人類学会

  • 日本社会学会

  • 環境社会学会

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 国家支配と民衆の力-エチオピアにおける国家・NGO・草の根社会-,大阪公立大学共同出版会,2018年03月,共著,宮脇幸生、利根川佳子、児玉由佳、眞城百華、松村圭一郎、吉田早悠里、佐藤美穂、田川玄、藤本武、佐川徹、村橋勲

  • 難民問題と人権理念の危機 国民国家体制の矛盾,明石書店,2017年05月,共著,伊豫谷登士翁、山岡健次郎、栗本英世、錦田愛子、佐伯奈津子、岡崎彰、久保田忠行、今井宏平、久保山亮、橋本直子、佐原綾子、宮脇幸生、古谷博子、三谷純子、須永修枝、石川美絵子

  • 現代エチオピアの女たち 社会変化とジェンダーをめぐる民族誌,明石書店,2017年02月,共著,石原美奈子、児玉由佳、松村圭一郎、家田愛子、宮脇幸生、眞城百華、松波康男、吉田早悠里

  • 現代人の国際社会学・入門 トランスナショナリズムという視点,有斐閣,2016年05月,共著,樽本英樹、西原和久、首藤明和、郭基煥、高谷幸、人見泰弘、明石純一、鹿毛理恵、岡井宏文、新原道信、江成幸、アンジェロ・イシイ、塩原良和、宮脇幸生

  • アフリカの女性とリプロダクション-国際社会の開発言説をたおやかに超えて-,晃洋書房,2016年02月,共著,落合雄彦, 宮脇幸生, 中村香子, 椎野若菜, 近藤英俊, 藤田和佳子, 三輪敦子, 金田知子

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • How Did the Discourses of Globalized Eradication Campaign Reach Grassroots Communities? Female Genital Cutting and Its Eradication Activities among the Yellow Bull in Ethiopia,上智アジア学,2018年12月,Maki Momoka, Kodama Yuka, Matsumura Keiichiro, Miyawaki Yukio, Ieda Aiko, Ihsihara Minako, Tekeste Negash, Yoshida Sayuri

  • Development of Community-Based Organization by Agro-Pastoral Women: A Case in Southwestern Ethiopia,Nilo-Ethiopian Studies,2018年03月,Yukio Miyawaki, Mariko Nocuhci, Barbara Inagaki, Ko Motoki, Ken Masuda

  • 女性のエンパワーメントと原初的NGO/ソーシャル・ビジネスの展開-エチオピア西南部クシ系農牧民ホールの「女性組合」の事例から,人間科学,2016年03月,萩原弘子、細見和之、宮脇幸生、渡邊真治、斎藤憲

  • プランテーション空間と農牧民の生存戦術-エチオピア西南部低地プランテーション周辺に集まる農牧民世帯の分析を通して,人間科学(大阪府立大学紀要),2012年, 

  • 開発と抵抗-エチオピア西南部におけるプランテーション開発と現地住民の生存戦術-,人間科学(大阪府立大学紀要),2011年, 

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業論文

  • 文化と共生

  • 比較社会学特論B

  • 環境システム学卒業研究

  • 環境システム学演習II

全件表示 >>