基本情報

写真a

玉田 尋通

Tamada Hiromichi

タマダ ヒロミチ


所属組織

獣医系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ウシ胚作製効率の向上

  • カニクイザルの発情同期化法の開発

  • ステロイドホルモンの妊娠維持機構の解明

  • 哺乳動物の生殖機能に及ぼすハーブ抽出物の効果

  • 子宮蓄膿症罹患犬における子宮頚開放度調節機構の解明と臨床応用

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本繁殖生物学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 関西畜産学会賞,1999年09月,関西畜産学会

  • 中村賞,2003年05月,大阪府獣医師会

  • 獣医繁殖学分科会賞,2003年10月,日本獣医学会獣医繁殖学分科会

  • 日本獣医繁殖学・優秀発表賞,2007年04月,日本獣医学会獣医繁殖学分科会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 牛病学 第3版,近代出版,2013年10月,共著,玉田尋通

  • 獣医繁殖学第4版,文永堂出版,2012年03月,共著,玉田尋通

  • 獣医繁殖学マニュアル第2版,文永堂出版,2007年03月,共著,玉田尋通,川手憲俊,喜田加世子

  • 獣医繁殖学第3版,文永堂出版,2006年10月,共著,玉田尋通

  • Cloned Animal and Placentation,Yokendo, Tokyo,2000年03月,共著,Tamada. H., Inaba. T., Kawate. N., Sawada. T.

論文 【 表示 / 非表示

  • Changes of plasma concentrations of insulin-like peptide 3 and testosterone, and their association with scrotal circumference during pubertal development in male goats.,Theriogenology,2017年04月,Hannan MA, Kawate N, Fukami Y, Weerakoon WW, Büllesbach EE, Inaba T, Tamada H.

  • Exposure to Zearalenone During Early Pregnancy Causes Estrogenic Multitoxic Effects in Mice.,Reprod. Sci.,2017年03月,Kunishige K, Kawate N, Inaba T, Tamada H.

  • Testicular gene expression of steroidogenesis-related factors in prepubertal, postpubertal, and aging dogs.,Theriogenology,2017年03月,Ogawa E, Kawate N, Inaba T, Tamada H.

  • Effects of long-acting GnRH antagonist, degarelix acetate, on plasma insulin-like peptide 3, testosterone and luteinizing hormone concentrations, and scrotal circumference in male goats.,Theriogenology,2017年01月,Hannan MA, Kawate N, Fukami Y, Weerakoon WW, Büllesbach EE, Inaba T, Tamada H.

  • Fetal gender prediction based on maternal plasma testosterone and insulin-like peptide 3 concentrations at midgestation and late gestation in cattle.,Theriogenology,2016年10月,Kibushi M, Kawate N, Kaminogo Y, Hannan MA, Weerakoon WW, Sakase M, Fukushima M, Seyama T, Inaba T, Tamada H.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 先端病態解析学特別講義C

  • 大動物臨床A

  • 大動物臨床A

  • 大動物診断治療学A

  • 大動物診療実習

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,地域密着フォーラム,「動物の性」について考える –メスとオスの奇跡-

  • 2004年度,大阪府立大学獣医学専攻国際オープンセミナー,子宮蓄膿症罹患犬の子宮頚開放度調節機構