基本情報

写真a

大形 徹

OHGATA Tohru

オオガタ トオル


所属組織

人文科学系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.human.osakafu-u.ac.jp/staff/red/r_oogata_tooru/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 高等教育推進機構

  • 人間社会システム科学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 中国哲学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 書道篆刻関係1

  • 神仙思想の構造の解明

  • 霊魂観念関係1

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 『神農本草経』,仙薬,不老,長生,不死

  • (概要)本研究は仙人の成り立ちを葬制との関連で考慮し、同時に道教のなかにおける仙人の位置付けを企図したものである。 平成四年度はまず、考古学的視点から、初期の仙説と深く関連する中国古代の葬制や墓制(とくに石室)について考慮した。その際、中国の影響を多大に受けている韓国・日本の古墳および副葬品等についても検討した。また文献学的始点においては、とくに儒教の経典のなかにみえる中国古代の葬制や儀式について詳細に検討した。その際、従来より広くおこなわれているような儒教的倫理観を考察するのではなく、葬制や儀式の底流として儒教以前より伝わる古代中国人の深層意識といったものを探ることに留意した。

    (キーワード) 不老不死, 仙人 ,僊化 , 化 ,始皇帝

  • (概要)神仙思想の仙人の起源は、秦・漢時代の死生観の変化に由来すると思われる.仙人は、たんに長生きした人ではなく、むしろ、本来は死者であり、死者の魂の永世という観念が屈折して、肉体も不死であるという仙人が生み出されてきたのであろう。この内容に即して、以下のような考察をおこなった。

    一、僊の文字と魂

    ・死についての文字学的考察-魂と骨の観点から-

    ・厚葬と薄葬-神仙思想の観点から-

    ・「仙」と「僊」-神仙思想の形成と文字の変化-

    二、列仙図と列仙傳:

    ・祀られる仙人-列仙図をめぐって-

    ・『列仙傳』の仙人-黄帝・関尹子・涓子-

    三、蓬莱山と博山炉

    ・博山炉と香-蓬莱山との関わりから-

    四、崑崙山と渾沌

    ・『荘子』にみえる北と南と中央

    五 房中術の精気

    ・房中術の精気と鍼灸の精気

    これらは、いずれも、神仙思想の生み出される基盤を形成していたと考えられる。

    (キーワード) 『列仙伝』 ,『荘子』 , 仙 ,仙の文字,仙人

  • (概要)研究の概要、中国では戦国から秦漢にかけて、太陽・ロータス・鳥の図像が多く描かれるようになる。そのもとはエジプトにある。エジプトでは太陽信仰にもとづく再生復活観念が、太陽・ロータス・ハヤブサなどの図像を通して表現された。それらの図像は中国にも流入し、不死の仙薬や仙人という神仙思想を生み出す契機となった。当初の仙人は死者が復活する尸解仙と呼ばれるもので、エジプトのミイラの復活によく似ている。

    (キーワード) 太陽, ロータス,鳥 ,博山炉,不死

  • (概要)中国の文様、雲気文は雲だとみなされてきた。しかしその初期のものは中央アジアのヘラ鹿等の角の形状に似る。ヘラ鹿は中央アジアの代表的動物である。その特徴は長くて大きな角にある。鹿の角は毎年、落ちてはまた生えかわる。このことが復活再生観念と結びつけられた。墓葬に描かれる鹿の角の文様は、死者があの世に生まれ変わることを助ける役割を担った。中国ではヘラ鹿類は少ないため、その文様は雲気とみなされるようになった。

    (キーワード) 雲気文 , 鹿の角 ,スキタイ , 馬王堆漢墓 ,復活再生観念

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本中国学会

  • 日本道教学会

  • 中国出土資料学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 医譚賞,2015年11月,関西医史学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 美容と東洋医学 ; 人間美と健康美の原典,静風社,2017年10月,共著,大形徹監修、王財源著

  • 「中尾佐助 照葉樹林文化論」の展開 ― 多角的視座からの位置づけ,北海道大学出版会,2016年05月,共著,山口裕文・金子務・大形徹・大野朋子編著

  • 道教の山岳信仰と地方神,東方書店,2016年02月,共著,土屋昌明・ゴーサール編、大形徹・仇詩琪訳

  • 一衣帯水 地号,日中言語出版社,2015年07月,共著,張麟声・大形徹編

  • 一衣帯水 天号,日中言語出版社,2014年07月,共著,張麟声・大形徹編

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 字説「醫について」,漢字学研究,2019年10月,大形 徹

  • 日本人小名中使用的「丸」字與辟邪観念,中国社会科学論壇(2019·宗教学)“宗教学研究的伝承與創新”国際学術会議 論文集,2019年09月,大形 徹

  • 針灸吉田流《蟲書》的成書過程―從圖示的“虫”圖的比較入手―,“从中古到近代写本文化與跨文化交流” 国際学術研討会 論文集,2019年09月,池内早紀子・大形 徹

  • 従洞天福地看《『列仙伝』》的仙人与山,第一届 洞天福地 研究与保護国際学術検討会 摘要及論文 初稿,2019年06月,大形 徹

  • 字説「口耳の口」,漢字学研究,2018年10月,大形 徹

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • エスニシティと文化1

  • コミュニケーションデザイン特論

  • 中国の思想

  • 中国の思想

  • 中国思想の系譜

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • ,堺市緑化委員会,専門委員